トーマス・トゥヘルは「時にパフォーマンスに見合った結果が得られないことがある。」と、土曜日の午後、バーンリーと1-1で引き分けた後に強調した。

カイ・ハフェルツのゴールでチェルシーがリードした後、バーンリーは後半に同点ゴールを決め、我々の連勝記録に終止符を打ったが、勝ち点2を失ったのは、試合への取り組み方が根本的に間違っていたからではないと、監督は考えているようだ。

「バーンリーにとって引き分けたのは非常にラッキーだ、でもこれがフットボールだ。」とトゥヘルは断言した。「ブレントフォードで完封で逃げられたのはとてもラッキーだった。だからこそ、誰もがこのスポーツを愛しているんだろう。」

「サイドラインからの自分の気持ちに間違いはないし、すべてのデータから、素晴らしい試合をしたという証拠はある。姿勢が良かった。インテンシティも良かった。集中力の高さも良かった。これらは、7連勝の後に必要な要素だった。」

「チャンピオンズリーグのアウェイゲームから戻ってきて、バーンリーのように常にロングボールをボックスに入れてくるチームと対戦したわけだけど、ファーストボールもセカンドボールも回収できていた。このような試合をコントロールし、多くのチャンスを生み出すためには、チームとして見えない仕事を高いレベルで行う必要がある。」

「だからこそ、素晴らしい努力と素晴らしいパフォーマンスができた。私はとても満足だ。フットボールでは、今日のように不幸にも相手がポイントを奪ってしまうことがある。私が言ったように、ブレントフォードでは幸運にも無失点を手にすることができた。今日、バーンリーが結果を出せたのはラッキーだが、そういうこともある。」

また、トゥヘルは、攻撃の形を変えてチームに投入したロス・バークリーについても語った。バークリーは良いプレーをしていたが、交代寸前に2-0にする絶好のチャンスを逃してしまった。しかし、監督が指摘したように、チームが得た決定機はそれだけではなかった。

「トレーニングを見ていれば、ロスが先発にふさわしいことがわかる」とトゥヘルは語る。「今日は前線3人の形を少し変えて、バーンリーの6番の後ろに10番のポジションを置いてプレーした。今日は、ロスが先発するのにふさわしいポジションだと思ったんだ。彼は長い間待っていてくれたし、試合に大きな影響を与えてくれた。」

「良いプレーをした。勝ち点3は彼の左足にかかっていたかもしれないが、その前にはカラムが、そしてその前にはチアゴ・シウバが大きなチャンスを逃した。もし、2点目を取ったら、3点目、4点目を取る大きなチャンスがあったわけで、そうなれば、バーンリーに逆転する力はなかっただろう。」