エンゴロ・カンテ、ジョルジーニョ、そしてセサル・アスピリクエタの3人がUEFA年間ベストイレブンにノミネート。現在投票が可能だ。

ブルーズの3選手に加え、今夏チェルシーを去ったエデン・アザールが50人の候補にメンバー入りを果たした。2019年1月から12月にかけてのパフォーマンスをもとに候補者を選出。またUEFA主催の大会での活躍は大きなウェイトを占める。

バクーでヨーロッパリーグ優勝を果たしたことはカンテ、ジョルジーニョ、アスピリクエタの評価を後押しすることになるだろう。彼ら3人は4-1でアーセナルを下した決勝でスタメンに名を連ねている。

ここをクリックし(英語のみ)、チェルシーの3選手またはアザールに投票しよう。

UEFA.comでの投票期間は2020年1月9日まで。UEFA年間ベストイレブンの布陣の発表は同日に行われる。

UEFAベストイレブンが創設された2001年から数えて11度、チェルシーの選手が選出されている。ジョン・テリーは4度(2005、2007、2008、2009)に渡りベストイレブン入り。一方、アザールは一昨年と昨年、カンテもまた昨年選出された。他にはアシュレイ・コール(2010)、リカルド・カルバーリョ(2004)、ディディエ・ドログバ(2007)、ペトル・チェフ(2005)が選ばれている。

2019年のUEFA年間ベストイレブンにノミネートされた50人のうち半分がプレミアリーグから選出。イングランド人選手は9年前にメンバー入りを果たしたアシュレイ・コールを含めて4人だ。