The second group stage fixtures got underway in Tokyo and it was a successful day for many of our Blues featuring at the Olympics.

オーストラリアはサム・カーが2本のシュートを決めたが、活躍も虚しく、スウェーデンが4-2で勝利。

ジェシー・フレミングが参加するカナダは初勝利を挙げ、イギリスは2戦2勝となった。一方、アニーク・ノウウェンが参加するオランダはブラジルと3-3の引き分けに終わり、1ポイント獲得にとどまった。

チリ 1-2 カナダ

フレミングは今大会2試合目の出場で、チリとの試合では中盤で起用された。

20分には、カナダがPKを獲得してリードするチャンスがあったが、マンチェスター・シティのジャニン・ベッキーが12ヤードの距離からポストに当ててしまった。

しかし、前半終了までに、ベッキーがPKの失敗を補い、ボックス内からゴールを決めて、カナダが先制した。

後半2分、カナダはベッキーがこの試合2点目のゴールを決め、リードを2倍に広げた。

その後、60分目前にチリがペナルティースポットからゴールを決めたが、カナダがリードを守りきり、今大会初勝利を挙げ、火曜日に行われるグループリーグ最終戦、イギリスとの対戦に向けて有利な立場に立った。

スウェーデン 4-2 オーストラリア

水曜日のアメリカ戦(3-0)を欠場したマグダ・エリクソンが、スウェーデン代表のスターティングメンバーに復帰した。チェルシーのキャプテンは、ヨナ・アンダーソンと共にスウェーデンのバックラインを務め、ブルーズのチームメイトであるカーの脅威に立ち向かった。

最初の一撃を与えたのはスウェーデンで、20分にフリードリナ・ロルフォのシュートでリードを奪った。

水曜日に行われたニュージーランド戦2-1の勝利でもゴールを決めたカーは、今回もその勢いでゴールを決めた。ハーフタイムの10分前、マーカーの背後に回り込み、元ブルーズのGKヘドヴィグ・リンダールをかわして同点ゴールを決めた。

後半開始数分後、カーが再び攻撃を仕掛けた。チームのキャプテンは、ボックス内でフリーになり、至近距離からヘディングシュートを決め、2-1のリードを得た。

しかし、オーストラリアのリードは長くは続かず、52分にスウェーデンのリナ・フルティグのゴールで同点に追いつき、その5分後にはロルフォがこの試合2点目のゴールを決めて3-2とリードした。

その直後、オーストラリアにPKが与えられ、カーに同点に追いつくチャンスがあったが、リンダールがそのPKをセーブした。

残り10分でリードを広げたスウェーデンが勝利し、準々決勝進出を決めた。

日本 0-1 イギリス

ソフィー・イングルは今大会初の先発出場を果たし、ウェールズ出身の選手としては初めてイギリス代表の一員となり、テルフォード、ブライト、チャールズはベンチ入りした。

カービーは、トレーニング中に負傷したため、初日に行われたチリ戦を欠場し、日本戦でも復帰できなかった。

前半はお互いに均衡を破ることができず、残り30分を過ぎたところでイングルがキャロライン・ウィアに交代。

後半残り15分にエレン・ホワイトがヘッドで先制し、準々決勝への進出を決めた。

オランダ 3-3 ブラジル

ノウウェンは再びオランダのセントラル・ディフェンスに並んだ。開始3分後にはアーセナルのストライカー、フィフィアネ・ミデマーが得点し、1-0でリードした。

その後、ブラジルは15分以内に同点に追いつきましたが、後半60分にはミデマーが再び得点を決め、オランダが2-1でリードした。

このリードはわずか5分で終わり、マルタがゴールを決め追いつき、さらに追加点を決めたブラジルが3-2とリードした。

残り10分でオランダが同点ゴールを決めて3-3となりましたが、どちらも勝ちを得ることができず、勝ち点1点ずつの獲得となった。

勝ち点4を獲得したノウウェンとオランダは、準々決勝への進出が濃厚となった。