All eleven Chelsea players representing their countries at this summer’s Toyko Olympics have progressed to the quarter-finals.

オーストラリア、カナダ、イギリス、オランダ、スウェーデンがベスト8への進出を決め、金曜日に準々決勝が行われる。

スウェーデンはすでにノックアウトステージへの出場権を獲得していたが、今日の勝利でグループGの首位通過が確定した。

カナダとイギリスの対戦は引き分けに終わり、グループEではイギリスが首位、カナダが2位となった。

オーストラリアはアメリカとのスコアレスドローにより、3位チームの成績比較で決勝トーナメント進出を決定。オランダは中国を破ってグループFの首位に立った。

アメリカ 0 オーストラリア 0

前戦のスウェーデン戦で敗れたサム・カーとマチルダが、グループGで対戦相手のアメリカを抑えて2位を確保するためには、勝利が必要だった。

前半、アメリカがネットを揺らしたが、オーストラリアにとって幸運だったのは、アレックス・モーガンのヘディングシュートがオフサイドの判定を受けたことだった。

両者ともに均衡を破ることができず、アメリカが2位を維持したが、オーストラリアが3位を獲得し、ノックアウトステージへの出場権を獲得した。

カーとマチルダは、金曜日に行われる準々決勝、イギリスとの対戦で、チームメイトと顔を合わせる。

ニュージーランド 0 スウェーデン 2

グループステージ最終戦、ニュージーランド戦のキャプテンを務めたマグダ・エリクソンは、チームメイトのヨンナ・アンデションとともにディフェンスラインに入った。

この日、スウェーデンはすでに準々決勝進出を決めており、開始30分で2ゴールを決めて完璧なスタートを切った。

この2つのゴールで勝利を収め、スウェーデンはグループ首位の座を確保した。スウェーデンは金曜日にホスト国である日本と対戦する。

カナダ 1 イギリス 1

ミリー・ブライトとソフィー・イングルは、今日のカナダ戦で先発出場し、イングルはキャプテンを務めた。過去2回の試合を負傷欠場したフラン・カービーはベンチに入った。

カーリー・テルフォードとナイアム・チャールズはイギリスのマッチデイ・メンバーに含まれておらず、ジェシー・フレミングはゴールレスで迎えたハーフタイムにカナダチームのミッドフィルダーとして出場した。

後半10分、フレミング率いるカナダが先制し、アドバンテージを得てグループ首位に立った。

まだ1-0の状態で、同じブルーのイングルに代わって、カービーが今大会初出場を果たした。

残り時間5分、キャロライン・ウィアが同点ゴールを決め、グループEの首位を決めた。

イギリスはカー率いるオーストラリアと、カナダはブラジルと、金曜日に行われるベスト8で対戦する。

オランダ 8 中国 2

オランダ代表は、新加入のDFアニーク・ノウエンが先発し、センターバックとして中国と対戦した。

11分に先制されたが、30分前には同点に追いつき、前半最後の10分で2ゴールを決め、3-1とリードして前半を折り返した。

残り15分を過ぎたところで、オランダは7-2と悠々とした状況になり、ノウウェンはベンチへ退いた。試合は8-2で終了し、ノウウェンとオランダは準々決勝でアメリカと対戦することになった。