プレシーズン・ツアーでアメリカに滞在中のチェルシーのキャンプ地から様子をお届けするツアー・ダイアリー

ロサンゼルスで行われているチェルシーのプレシーズンツアー、5th Standアプリとチェルシー公式ウェブサイトだけの独占配信コンテンツをお届け!

ここでは、ツアー5日目の様子をご紹介しよう。

スターリングの入団が決定

ラヒーム・スターリングがマンチェスター・シティからの移籍を完了させるため、チームホテルで早々にチェックインを済ませた。

チェルシーと5年契約を結んだこのイングランド代表選手は、ロサンゼルスで新しいチームメイトと合流するためにアメリカに飛び、移籍の公式発表の前に写真撮影をするために市内を回った。

そして、ダブルセッションの1回目のトレーニングに向かうチームバスに乗り込む前に、朝食をとることになった。

スターリングは、トゥヘルから新しいチームメイトに紹介された後、ランニングやドリルなどトレーニングに励んだ。

ブロジャがキャンプに到着

スターリングだけでなく、アルマンド・ブロジャもトレーニングに参加した。

アルバニア代表のブロジャは、当初はチームと行動を共にしていなかったが、ロサンゼルスのチーム拠点にチェックインし、アメリカツアーが終わる前に、プレシーズンのトレーニングを積みたいと考えているようだ。

このストライカーは、復帰後最初のセッションで鋭い動きを見せ、いくつかのゴールを決めて注目を集めたほか、トゥヘル監督とスタッフによるテクニック勝負でも勝利を収めている。

ロサンゼルスを満喫!

午前中のUCLAでのセッションに続き、午後は様々なアクティビティに参加した。ドジャー・スタジアムでは、エドゥアール・メンディやジョルジーニョがバッティングの練習に参加した。

ピッチ中央で完璧なテクニックとボールさばきに定評のあるイタリア代表のジョルジーニョは、野球でもバッティングで素晴らしいヒットを見せた。

ケパ・アリサバラガやティモ・ヴェルナーを含む別のグループは、ハリウッド・ヒルズにあるユニバーサル・スタジオを訪れ、『ジョーズ』、『ウォー・オブ・ザ・ワールズ』、アルフレッド・ヒッチコック監督の『サイコ』といった映画の象徴的なセットを見学した。