3シーズンでレンタル移籍していたトレヴォ・チャロバーは、プレシーズンでトーマス・トゥヘル監督の信頼を勝ち取り、2021/22シーズンにはチェルシーで30試合に出場し、得点を挙げたことでプレミアリーグの選手になる機会を掴みとった。

チェルシーの公式マッチデープログラムのインタビューで、22歳の彼は、ブルーズでの初のシニアキャンペーン、そしてアカデミーやレンタル移籍を経て成功するまでの道のりについて、こう語っている。

自分にとって飛躍のシーズンとなった今シーズンをどのように振り返っていますか?

ずっと夢見ていたことだし、それを実現できたことは信じられないです。シーズン当初はあまり期待されていませんでしたが、多くの試合に出場し、多くの経験を積むことができました。まだ学び、成長し、進歩しようとしているところですが、信じられないような日々を過ごしています。ユースカップでプレーしていたスタンフォード・ブリッジで、チャンピオンズ・リーグでプレーし、ゴールを決めることができたのは特別な経験でした。チャンピオンズ・リーグでプレーし、チャンピオンズ・リーグで得点することもできました。ディフェンダーとして、これまでで最高の得点数を記録したシーズンでしたから、いい気分です。

ゴール数は、セットプレーの成果でしょうか?

そうですね。でも、これまでのシーズンも、常に2、3点は決めていました。今シーズンは、最も得ができたシーズンでしたのでこれからも、ゴールを奪っていきたいです。よかったです。

4つのゴール、それも大事な場面で決めていますね。ハイライトは何ですか?

最初のゴール(クリスタル・パレス戦)も大きかったですが、チャンピオンズリーグのユベントス戦のゴールも大きかったですね。アウェイでユベントスと対戦したときの負けを取り戻したいと思っていたので、あの試合には全員が気合が入っていましたし、勝てば優勝を狙えるとわかっていました。開幕戦のパレス戦での初ゴールが一番印象に残っているけど、一番重要なのはユーベのゴールです。

チェルシーは過去181試合のうち180試合でアカデミー出身者を先発起用しています。そのような躍進を遂げた世代の一人であることを、あなたはどれほど誇りに思っていますか?

とても誇りに思います。メイソン・マウント、リース・ジェイムズ、カラム・ハドソン=オドイ、タミー・エイブラハム、フィカヨ・トモリといった選手たちが成長していくのをレンタルで見ていて、彼らのことをとてもうれしく思っていました。この2、3年、アカデミーの選手たちが一緒にプレーし、トップチームに昇格しているのを見ると、信じられないような気持ちになります。

この調子で、これから出てくるアカデミーの選手たちの手本となり、彼らに希望を与えていきたいと思っています。

スタンフォード・ブリッジでFAユースカップに出場したとのことですね。そういうことが、ここでトップチームに入るための原動力となったのでしょうか?

アカデミーでプレーする選手にとって、あのような経験はまさに味をしめたいものです。ユースカップやそういった大会は、トップチームへの準備や環境に慣れるために役立ちました。

スタンフォード・ブリッジでFAユースカップに出場したとのことですね。そういうことが、ここでトップチームに入るための原動力となったのでしょうか?

アカデミーでプレーする選手にとって、あのような経験はまさに味をしめたいものです。ユースカップやそういった大会は、トップチームへの準備や環境に慣れるために役立ちました。

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督は、コナー・ギャラガーの代表チームへの定着ぶりを説明する際、私たちのアカデミーを「見事に運営されている」と評しました。ニール・バース監督をはじめとするスタッフたちが、エリートサッカー選手になるための準備として、どのようなことを行っているのでしょうか?

若い頃は、海外の大会にたくさん出て、世界のトップチームと対戦していました。海外遠征は移動が多いので、家族と離れて1週間ほど子供たちと一緒に過ごすことが、とても役に立ちました。だから、そういうところから始まるのだと思います。いつも自国でプレーしているわけではなく、ヨーロッパの他のチームと対戦することになるわけですから、そのための準備も必要です。

レンタル制度もその一環ですよね?

選手にとってはとても必要なことだと思います。私はどのローンも後悔していませんし、どれも私の助けになってくれました。でも、男子のサッカーを経験することは、アカデミーからトップチームへの移行を可能にするためにとても重要です。今シーズンまでの3年間、私は男子のサッカーに触れてきました。

チャンピオンシップで2回(イプスウィッチとハダースフィールド)、海外で1回(フランスのロリアン)、これはいいことだと思います。海外に出て、新しいことに挑戦したり、他の言語を学んだりすることはおすすめです。サッカーだけでなく、サッカー以外でも、どこか違うところで生活することで、他の選手との交流が深まります。そういった経験があったからこそ、今の自分があり、そしてチェルシーでプレーできるようになったのだと思います。