昨日のクリスタルパレス戦のハイライトは、アカデミー卒のトレヴォ・チャロバーがプレミアリーグデビューを果たし、ブルーズの3点目となるゴールを決めたあの歓喜の瞬間であることに疑いの余地はないだろう。チャロバーは試合後、そのゴールとその後の喜び、そしてチェルシーのトーマス・トゥヘル監督に好印象を与えるために重ねた努力について語った。

22歳のチャロバーは、2020/21シーズンにレンタル先でプレーしていた数多くの選手の一人で、代表戦によるブレークの後に多くのレギュラー選手が休暇に入っていたプレシーズンの初めからトゥヘルの下でトレーニングを開始した。

トゥヘル監督は、昨年フランスのロリアンで活躍したチャロバーを高く評価し、今週行われた2試合で彼を先発出場させた。スーパーカップでの彼のパフォーマンスは素晴らしく、ブリッジでもそれを裏付けるように、見事な長距離ゴールでこの数日間を締めくくった。

「シュートはあまり得意ではないんだ!」と笑うチャロバー。「でも、たまにはうまくいってびっくりすることもあるんだ!ゴールに近づいたらシュートを打とうと決めたんだ。スペースもあったし、観客も支えてくれていた。完璧だったよ。ボールが入ったことに気づかなかったよ。観客の声を聞いたとき、ゴールを決めたんだと思った。しっかりと打ったことはわかっていた。あとはボールが自分からゴールに入ってくれた!信じられなかった。どうしたらいいのかわからなかった。ただ膝をついて本当に泣いていたんだ。自分と家族にとって、素晴らしい瞬間だった。」

チャロバーの顔に浮かんだ感情は、少年時代にイングランドに渡って以来、彼が歩んできた道のりを象徴していた。ユースレベルでの連続優勝経験を持つ彼が、チェルシーで新たな高みに到達したのは、ここ数ヶ月の活躍があったからだ。

「プレシーズンが始まったとき、目標は毎日毎日、監督を驚かせることだった。トレーニングの先頭に立って、監督が望むことを初日から全力でやった。プレシーズンではよくやったと言われたけど、スーパーカップでスタメン出場できたことには少し驚いた。自分の努力が報われたということだろう。彼はチャンスを与えてくれ、自分はその期待に応えようとした。サッカーでは、プレーの質を維持し、地に足をつけ、ハングリー精神を持ち、常に貪欲であることが重要だ。」

「この1週間は素晴らしかった。8歳のときからスタンフォードブリッジで試合を見ていた。ときにはボールボーイとして、ときには家族と一緒にチャンピオンズリーグの夜を過ごしていた。今の状況は、自分のような若い選手にとっては夢のような話だ。とにかく楽しみたいと思っている。このクラブでプレーすることは長年の夢だったから、しっかりと準備をして楽しんだ。緊張もせず、ただひたすら攻めたんだ。」

彼はまさにそれを最高のかたちで成し遂げたのである!