世界中のチェルシーサポーターの献身と忠誠心はよく知られています。公式オンライン取引パートナーの「GO Markets」と共同で、メイソン・マウントとマルコス・アロンソに、ファンがたちが愛するブルーズのためどんな行動をとっているかを見せて、嘘か本当か充ててもらいました。

アンゴラからオーストラリア、ブラジルからバーレーンまで、世界のいたるところにブルースがいます。そこで、最も情熱的なファンから、彼らの献身的な姿に焦点を当てたストーリーが寄せられ、マウントとアロンソに「真実か偽りか」を問うゲームが行われました。また、彼らを騙すためにオトリの物語も用意しました。

さて、どれが嘘かわかりますでしょうか?あなたは、これらの話が本当だと思いますか?そして、メイソンとマルコスがどうなったか見てみましょう。

ラミー・ゴブラン、エジプト

赤ちゃんが初めて発した言葉はチェルシーだったという...。

キアラン・マレー、アイルランド

彼はチェルシーの大ファンで、息子のカイ・メイソン・マーレーに好きな選手の名前をつけたという..

マリア・シルヴァ、ブラジル彼女は青いウエディングドレスを着て、披露宴ではディディエ・ドログバの物真似もゲストに招待したという..

マティアス・ベルガー、ドイツ

今年のクラブワールドカップで優勝した後、背中にトーマス・トゥヘルのタトゥーを入れたと言う..

アルバロ・バスケス、ウルグアイ

お守りとして、毎試合、愛犬にチェルシーのシャツを着せているという

スコット・ボーチャンプ、オーストラリア

11時間の時差があるにもかかわらず、チェルシーの試合は毎回起きて見ていると言う...。

それでは、下のビデオを見て、メイソンとマルコスと一緒に正解を見ていきましょう!