チェルシーのサポーターは、男子チームがSW6のピッチでトレーニングに参加するのを観る前に、スタンフォード・ブリッジで一日中エンターテインメントを楽しんだ。

クラブミュージアムとチェルシーメガストアは、公開練習に訪れるファンのために通常より長く営業し、マスコットのスタンフォードとブリジットも、ミュージアムのトロフィーコレクションと同様に、記念撮影に応じた。

選手たちが到着する直前には、ピッチサイドでサポーターたちがクイズに参加し、チェルシーウーマンに関する4つの質問に答えることで、2つのチームが競い合った。

チーム・ワンには、エマ・ヘイズ率いるウェストハム・ユナイテッドがスタンフォード・ブリッジで行う女子スーパーリーグ開幕戦の観戦チケット4枚が贈られた。

ブルースの選手たちは、キャプテンのセサル・アスピリクエタに先導されてピッチに登場し、完売したイベントのサポーターたちから大きな拍手を受けた。その後、トーマス・トゥヘル監督と選手たちが一人ずつ紹介され、ファンとのスペシャルチームフォトに陣取りた。

その後、トゥヘル監督はブリッジに集まったファンを歓迎し、チームのトレーニングセッションを監督した。彼らは軽いウォームアップとクイックドリルの後、小規模のサイドゲームとマシュー・ハーディングスタンド前での長距離シュート練習に参加した。

スタジアム内の皆さん、来てくれてありがとう。私たちのトレーニングを見て楽しんでもらえたらと嬉しい。2日前にタフな試合をしたため、軽いトレーニングですが、楽しんでもらえればと思いますし、来てくれてありがとう」

メイソン・マウントが仕掛けた即席のクロスバー・チャレンジもそうだが、どのゴールもサポーターから熱い声援が送られた。

選手たちは、ウェストスタンドにいるファンに感謝の気持ちを伝えるために整列し、アスピリクエタがマイクを握って別れを告げ、チームはピッチを後にし、この日は幕を閉じた。

アスピリクエタは、「まず、トレーニングを見に来てくれてありがとう。皆さんのサポートはとても大きく、毎日それを感じているので、ここでファンの皆さんと一日を過ごせるのは嬉しい。

日曜日の結果にはみんながっかりしているし、すぐにでもプレーしたいから、土曜日にこのブリッジに戻ってきたときには、状況を好転させ、皆さんのために勝利を手にしたいね」と語った。