トーマス・トゥヘル監督がブルーズ監督としての契約を延長するための話し合いが進められていることを認める一方、現在はもっと重要なことに集中していると語った。

トゥヘルは、1年前にチェルシーがチャンピオンズリーグで優勝した後、2024年の夏までの契約延長にサインした。

今回、この数ヶ月の間に契約延長のための新たな話し合いが行われたかどうか尋ねられた際、監督は、たとえそれが最も早い段階であったとしても、クラブの上層部と話し合いを行ったことが事実であると明かした。

「契約更新について話はしているけど、移籍期間の真っ只中である今、クラブがどのような状況から現在に至っているかを考えると、チーム自体とその競争力を高めることに集中することがベストだと思う。」

「ここにいられることは本当に嬉しいし、ここが好きだから、(更新の話は)いい事だよ。」

タッチラインで熱い存在として知られる彼だが、先週末のトッテナム・ホットスパー戦では、元ブルーズ監督のアントニオ・コンテと口論になり、レッドカードが出され、一線を越えてしまったかもしれないと認めている。

しかしトゥヘルは、先週の日曜日のようなシーンは、彼のサッカークラブに対する情熱の一例であると語る。

「自分はこのクラブとチームに対して情熱的であり、特に戦っている瞬間やこのようなレベルの試合ではそうなるんだ。試合に吸い込まれるような感じで、熱くなるんだ。」

「以前からそうだったけど、(ファンからの)愛を感じた。自分がやっていることに情熱を持っていることを、ファンは感じてくれていると思う。自分が正しいと証明するためにやったわけではない。これが今シーズン最後のレッドカードになることを願うよ!監督として越えてはいけない一線を越えてしまったからね。」

「自分のサッカーに対する情熱や、ここで戦えることがどれだけ幸せか、それを疑うのは誰もいないだろう。このグループに対する愛、そして自分自身もこのグループの一員だと考えているし、ファンのサポートが必要だから、ファンのサポートが嬉しい。彼らの存在は非常に大きいんだ。」