トーマス・トゥヘルは、チャンピオンズリーグでアトレティコ・マドリードに勝利し、素晴らしいパフォーマンスを披露した選手たちに満足しているようだ。

監督は、後半のオリヴィエ・ジルーの見事なゴールが1-0で試合を決めた際に、選手たちの高いパフォーマンスが報われるのを見て特に喜んでいた。

しかし、自己満足にならないように注意することも必要と語った。アトレティコ マドリードとの 2 番目のレグでは、ブカレストでの警告を受け、メイソン・マウントとジョルジーニョが出場停止。しかし、それ以前にプレミアリーグの重要な試合があることも強調している。

「最高のパフォーマンスを見せてくれたことで、選手たちとチームにも、このような大きな結果が得られたことをとても嬉しく思っています。96分間、絶対的に集中していたこと、チャンスを作るのは難しいということを受け入れていたことが非常に重要だった。」

「マウントとジョルジーニョ、次のレグでは2人の重要な選手が欠場することになる。次は今日より難しくなるだろう。メイソンを含め、全員のパフォーマンスにとても満足している。努力と高い集中力。彼はチームに大きな影響を与えてくれる。」

「でも正直なところ、ここからリヴァプール、エヴァートン、リーズと対戦がある、自信を持ち過ぎてはいけないし、怠けてもいけない。これらの試合は我々の限界に挑戦し、アトレティコとの第2戦に向けて解決策を考える良い材料になるだろう。」と語った。

トゥヘルはトレーニングでの努力の様子からジルーのアクロバティックなプレーに驚いていなかった。

「彼は誇りに思っているはずだ。日常的に彼を見ていれば、驚くことはないだろう。調子と整え、体も整っていて、身体能力もトップレベルにある。精神的にも、このレベルのプロのトッププレーヤーになるために毎日努力しているし、これが彼が必要としているレベルだ。彼はトレーニングに真剣さと楽しさが入り混じった男だ。」

「彼はいつもポジティブで、グループに大きな影響を与えている。スタメンだろうがベンチだろうが関係ない。」

また、今夜の試合は、週末のサウサンプトン戦でジルーが出場しなかったこととは何の関係もないと話し、トゥヘルのメンバー決定は、純粋に対戦相手に応じての戦術的なものだとしている...

「サウサンプトン戦のメンバーに彼を入れることについては、長い間考えていた。オーリがアトレティコ戦で先発スタートする可能性を作るための決定ではなかった。サウサンプトンは非常に攻撃的なチームで、ピッチの高い位置から攻撃を仕掛けてくる。だから、我々は後ろにもっとスペースがあることを期待していたし、もっと多く裏への動きが欲しかった。」

「最終的には、3人の交代しかしなかったが、サウサンプトン戦での私の選択にはあまり満足していなかったし、試合から勝ち点3を得る可能性を逃してしまった。」