トーマス・トゥヘルがチェルシーを率い始めてから、敗戦について語らなければならないまでに2ヶ月以上かかったが、その瞬間が訪れた今、説明を求められるような印象的な試合となってしまった。

ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンに5-2で敗れた瞬間、ほとんどの人の頭の中にあったのは27分にクリスチャン・プリシッチが先制点を挙げた時のことだった。しかし、その直後にチアゴ・シウバが退場処分を受けたことで、流れが変わり始めた。2か月ぶりにブラジル人ディフェンダーをチームに復帰させ、ここ最近レギュラー起用されている選手たちをベンチに置いてスタートした監督は、まず先発起用について考えを述べた。

「違う方法でチームを選んでいたらどうなっていたか、という仮定の結果は永遠に分からないことを受け入れなければならない」とトゥヘルは語った。

「今回の敗戦は、私の責任であり、選手同様、負けず嫌いの私としては非常に残念です。というのも、昨日のトレーニングは素晴らしかったし、トレーニングをいい形で終えた選手たちが今日のピッチに立っていたからです。昨日は、水曜日の(代表戦の)試合や移動のために十分なトレーニングができなかった選手がたくさんいたので、私はこのメンバーを信頼していましたし、このメンバーは今日の試合に勝つのに十分な力を持っていたと思います。」

「しかし、我々は動きが悪く、自陣でのビルドアップがずさんで、不必要なミスが多く、プレッシャーの中でポジションをうまく変えることができず、簡単なボールロスを与えてしまい、それがレッドカードにつながって、今日の試合を落としてしまいました。」

トゥヘルは、チアゴ・シルバが退場する前と、退場した後の2つの時間帯を分析した。

「11対11の時間帯も、自分たちのベストゲームではなかったので、大満足というわけではありませんでしたが、インターナショナル・ブレイク後で、しかも早い時間にキックオフされるということで、あまり期待していなかったので、想定内だった。しかし、カウンター攻撃がずさんで、大きなチャンスがあったにもかかわらず、またしても正確さを欠き、試合を早く終わらせるためのチャンスを何度も逃してしまった。」

「そして2つ目のストーリーは、1人減った時に適応できなかったこと。私たちのチームは、1人減っても5失点するチームではありませんし、私たちのディフェンスは明らかに以前のレベルに達していなかった。戦術的な選択については、もちろん私の責任。この結果を受け入れて、明日に向けて前進する以外に解決策はない。」

今回の結果が分岐点となるのか、監督が考察する。

「4週間後にこの試合を振り返ると、うまくいけば "目覚めの一戦 "と呼べるかもしれません。それは、私たちが本当に目覚めて、新しいシリーズ(無敗試合)を始めたことを意味しますから。」

「自信過剰でもなく、傲慢でもなく、努力が足りないとも感じませんでした。ウェスト・ブロムウィッチは非常に深い位置でディフェンスを始めたが、我々は高いボールポゼッションを持ち、ゲームの中でどんどん良くなっていった。我々はピッチの高い位置でボールをリカバーして良い場面を作ったが、それでも11対11の時点で既に、我々は自陣で決定的なボールロストをしてしまい、ボックス周辺で2つのセットプレーが生まれた。」

「だから私は、ポジショニングを少し気にしていました。すべてが少し錆びついていて、昨日や一昨日のトレーニングよりも錆びついているように見えました。そこに、驚いたのです。」

「しかし、2週間の旅の後、土曜日の12時30分からの試合ということで、あまり期待はしていなかったので、受け入れることができた。 立ち上がりに時間がかかっても、それを受け入れてプッシュしていこうと思っていたし、その結果、ゴールを決めることができた。しかし、ゴールを決めた直後にイエローカードとレッドカードが出てしまったのは、リスクを感じていないように思えた。このことについては選手たちと話し合わなければならないが、守備での態度は明らかに以前とは違っていた。」

いつものようにビッグゲームがすぐにやってきて、集中しなければならない。水曜日にはチャンピオンズリーグの準々決勝を迎える。。

「14、15試合無敗が終わった今、自分の考えを失ってはいけないし、選手たちへの信頼を失ってはいけない。」とトゥヘルは語った。「一緒に戦った最初の敗北として今は受け入れなければならないし、全員で対処する方法を見つけることが重要だ。」と述べた。