アブダビで土曜日に行われたパルメイラス戦では、チェルシーが延長戦を制し、クラブワールドカップ優勝を果たすなど多くのことがうまくいったが、ひとつ残念だったのは、前半30分にメイソン・マウントが負傷のためピッチを去ったことだった。

今回の怪我は、1週間前のFAカップ、プリマス戦で負傷した部分の筋肉とは無関係であることを明かした。

「彼は負傷していた。序盤に彼はセサル・アスピリクエタと一緒にセカンドポストへ走り、二人は転び、相手が彼の足首に倒れ、靭帯をひどく痛めたんだ。」

「だから、診断してもらわないとわからない。彼は私のところにすぐに来て、体調が良くない、体が言うことを聞かずに痛くて、続けられるかどうかわからないというので、決断しなければならなかった。」

チェルシーの次の試合は来週末、プレミアリーグでクリスタルパレスとアウェーで対戦する。