トーマス・トゥヘルは、ロメル・ルカクがウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦で決めた2ゴールは、彼にとって自信をもたらすと考えており、今後、同じようなことが見られることを望んでいる。

ルカクは、ハーフタイム後にPKを獲得し、それを決めると、ボックスの手前から右足でシュートを放ち、ウルブズ戦で2度、ゴールネットを揺らした。

リードを守りきって勝利することはできなかったが、トゥヘル監督はルカクが個人的なパフォーマンスで自信をつけてくれると信じている。

さらに、ルカクは1点目のゴールからわずか2分後に2点目を決めており、ストライカーが自信を持つことはすでに証明されているとヘッドコーチは考えている。

今日、彼は成果を出したとトゥヘルは語った。どのストライカーも非常に繊細な選手だ。自分が望むような役割を果たせないような連戦の時に自信を持てるストライカーは他に知らないし、それはロメルも同じだ。

そしてすぐに結果は出ましたね。2本目はゴールのために一生懸命戦ってゴールを決めることができました。こんな感じで、決定力があるからこそ繊細で、だからこそこのゴールは重要なんです。」

前日の夜、政府とプレミアリーグの承認を待って、売却の条件が合意されたと発表された後、トッド・ベーリーを含むクラブの新オーナー候補の代表者は、土曜日の2-2の引き分けを見るためにスタンフォード・ブリッジに訪れた。

トゥヘルは、連絡を取っているのか、チェルシーのDNAの考えを伝えるつもりなのかと聞かれたが、監督はまだそのようなことを考えるのは早すぎると主張する。

「彼はまだ正式にオーナーではないので、所有権が明確でないのに所有権について話しても意味がない。」

「これが私の仕事かどうかもわからない。私はチームの監督であり、十分にやることがある。だから彼が私の感想を求めるなら喜んで伝えるが、彼はチェルシーがどういうものかをよく知っているはずだ。」

クラブが新オーナーシップに向けて新たな一歩を踏み出し、それが夏の移籍活動に何を意味するのか、チームの何人かはより大きなプレッシャーを感じ、ブリッジで自分の将来を賭けてプレーしているかもしれないとも言われている。

しかし、ヘッドコーチは、この時期、選手たちは常に自分たちのパフォーマンスに対する憶測や監視の目におかれている事は慣れていて、何も異常なことはないと主張する。

「シーズンの終わりはいつもこうなんだ」と彼は付け加えた。「チェルシーと契約し、このようなレベルでプレーするのであれば、常に簡単で楽しいというわけではないということもある。タフで、疲れて、消耗して、それがこのようなレベルで受け入れるべきことなんだ。」