トーマス・トゥヘル監督は、明日のマンチェスター・ユナイテッド戦を控えた記者会見で、チェルシーの7選手の怪我に関する最新情報を提供した。

監督はトレーニング前にコブハムでメディアに対応し、最近欠場している2人のメンバー、トニ・リュディガーとリース・ジェームズについてより深く語った。ウェストハムでの勝利の後、トゥヘルはこのドイツ人が今シーズン限りでチェルシーを去ることを明確にした。

しかし、トゥヘル監督はまず、オールド・トラフォードへの遠征で欠場する選手と、キックオフに間に合うように戻ってくることを望む選手を報告した。

コヴァチッチ、ベン・チルウェル、ハドソン=オドイはまだ欠場することになる」とボスは確認した。

「トニ・リュディガーは昨日のトレーニングに参加し、リース・ジェームスも同じだった。今日、彼らがフルトレーニングをして、許可を出してくれることを期待している。我々は、彼らがメンバーとして明日プレーできることを期待している。」

「それはアンドレアスも同じです。気分が悪くなったので、もう一度検査が必要だ。しかし彼は今日、練習場に戻ってくる予定である。」

「ロス・バークリーも病気で、メンバーから外れるだろう。」

そしてトゥヘルは、リュディガーの移籍ニュースに対してチームがどう反応したかを問われた。

「誰もこのニュースを好んでいないと思う。トニは、この1年半を共に過ごした大きな要因です。彼はドレッシングルームでみんなに自信を与えてくれる、ユニークなキャラクターで、とてもアグレッシブなリーダーだ。彼は卓越したレベルでプレーするし責任を負うことが好きなんだ。」

「私たちはそれを受け入れなければならないし、受け入れるつもりだ。トニの後にもチェルシーでの生活はある。今、最も重要なことは、この1年半のように、可能な限り高いレベルでシーズンを終えることだ。」

来シーズンに向けて、リュディガーの後任を探す努力を続けているトゥヘル監督は、新加入のディフェンダーたちのレベルを上げ、今いるメンバーからすべてを引き出すことに自信を持っていると強調した。

「私は、チームを限界まで追い込むよう努力する。トニとは毎日楽しく過ごせたし、まだ達成しなければならない大きなことがある。来シーズンのプレシーズンから、好むと好まざるとにかかわらず、生活は続いていくのだから、ベストを尽くす。私は全身全霊、全知全能を傾けて関わっていくつもりです」。

トゥヘル監督は、マンチェスター・ユナイテッドとの対戦で再びジェームズを起用することを望んでいる。この22歳の選手は、日曜日の試合に出場する前は、3バックの右サイドと右ウイングバックを兼任していた。

リース・ジェームスをが人いれば問題は解決する。」とトゥヘルは笑った。

「55パーセントがウイングバック向きで、45パーセントが3バック向きだ。ポゼッションが多いのか?相手の攻撃的なトランジションの構造はどうなっているのか?相手がどのようなプレーをしてくるかにもよる。」

「リースが3バックでプレーすれば、スピードとフィジカルでトランジションをカバーする最初の選手になれるので、時にはとても助かる。」

「彼のベストなポジションは、より決定的なプレーができるウイングバックのポジションだが、より要求が高いので、もう少し傾きかけている。次のステップは、55試合、60試合とレギュラーとして活躍することだ。その後に決めることだが、彼と一緒ならどちらのポジションもトップクオリティで埋め尽くされる。」