トーマス・トゥヘルは、プレシーズン第3戦において、チェルシーがアーセナルに及ばなかった部分を分析した。

また、これからのシーズンで強さを発揮するためには、より多くの新戦力が必要だという考えがより強固なものになったと語った。アメリカ遠征を終えてイングランドに戻る直前のフロリダで、ヘッドコーチはチームが4-0の大敗を喫するのを目の当たりにしていた。プレシーズンマッチはあと1試合、金曜日にイタリアでウディネーゼと対戦する。トゥヘルはまず、この準備段階でのこの結果の重要性を説いた。

「リラックスしているとは言い難い。チェルシーは負けるべくして負けた。」

「心配なのは、この試合に対する肉体的、精神的なコミットメントのレベルが、我々よりもアーセナルの方がはるかに高かったということだ。アーセナルは、ここ数週間で最も強力な布陣で臨んできたと思う。プレミアリーグの試合で先発となるようなメンバーだった。」

「確かにチェルシーはベストの布陣ではなかった。これは考慮すべき点ではあるけど、ほんの一部であり、他の部分は懸念材料となる。」

「2週間後に準備が整っているとは保証できない。今日のアーセナルは、チェルシーがかなわないような疲労困憊のレベル、フィジカル、メンタル面でのコミットメントのレベルを示した。チェルシーの選手たちの多くは退団や他の選択肢を探しており、既にクラブを去った選手もいるため、そういったコミットメントが欠けている。今のところ、これは明らかだと思う。」

監督はまた、チェルシーが優勢だった後半にも、攻撃で危険な状況が生まれなかったことを指摘し、選手起用の問題にも言及した。

「今シーズンの分析はこの試合によって変わることはない。残念ながら、それは自分自身の主張を証明するものだ。先週も同じだ。自分の考えが正しくない方がいいと思っている。自分が間違っていることを証明するためにあらゆることをしたが、現時点では自分が正しかったと感じている。」

「昨シーズンから見てみると、苦戦した部分、制裁を受けた部分、選手が離れていった部分、これから離れようとしている選手もいて、このような状態になっているんだ。」

「そこで、質の高い選手が大量に必要となる。2人の優秀な選手が加入したけど、これでは競争力がない。残念ながら今日はそれが見て取れた。」

カリドゥ・クリバリは後半20分、チェルシーのユニフォームに初めて袖を通すことになった。トゥヘル監督は、この試合での主なプラス材料と述べている。

「彼が一番良かった。信じられないほど良かったよ。」