3月にチームにチームを数々の勝利に導いたトーマス・トゥヘルは、再びプレミアリーグの月間監督賞の候補に挙がっている。

ブルースは今月、リーグ戦では3戦全勝、失点は1つだけで、チャンピオンズリーグとFAカップではそれぞれ準々決勝、準決勝に進出した。

プレミアリーグでの勝利のうち2つは、アウェーで残留争いをしているチームとの対戦で、バーンリーでの4-0の勝利はそのハイライトとなった。

前半はわずか1本のシュートしか放てなかったが、後半にトゥヘル監督が行った調整と指示が功を奏し、選手たちはターフ・ムーアのフィールドでより多くの発明と攻撃力を取り戻し、再開後10分以内に3本のゴールを決めた。

また、ノリッジ・シティとのアウェー戦では3-1で勝利し、スタンフォード・ブリッジではニューカッスル・ユナイテッドの復活と9試合連続無敗記録を、後半にカイ・ハフェルツの決勝弾で僅差の勝利で打ち止めた。

クリスチャン・プリシッチがウイングバックで試合を終え、ロメル・ルカクが1時間後に素早く投入されたこの試合では、攻撃的な交代策とベンチからの巧妙な試合中の管理が、1点を3点に変えたと評価されている。

昨年3月と10月に月間最優秀監督賞を2度受賞しているトゥヘルは、クラブにとって困難な時期にサッカー場を離れての出来事への対処も評価されている。

アーセナルのミケル・アルテタ、トッテナムのアントニオ・コンテ、レスター・シティのブレンダン・ロジャース、リヴァプールのユルゲン・クロップが候補に挙がっており、後者は3月に同様の100%勝利記録を持つ唯一の候補者である。投票は3月28日(月)の正午12時まで受け付けており、その週のうちに勝者が発表されます。

トゥヘル選手への投票はこちら