トーマス・トゥヘルは、緊迫感の漂う感情的なロンドン・ダービーを振り返り、ブルーズがパフォーマンスに見合った結果を得ることができなかったと述べた。

チェルシーはトッテナム相手に素晴らしいパフォーマンスを見せ、試合の大半をリードしたが、最後の最後で同点ゴールを奪われ、勝ち点3を手にすることができなかった。トゥヘルはこの試合後、審判への失望を語るとともに、自身とアントニオ・コンテにレッドカードをもたらしたタッチラインでの揉め事についてコメントした。

まず、チーム全体のパフォーマンスを称賛したトゥヘル。

「選手たちは、精神的にも肉体的にも、この試合に向けてどれだけ準備をしてきたかをわかっていた。動きもよく集中していた。」

「チームは素晴らしい試合をした。エヴァートンとの開幕戦からステップアップしたようなものだ。選手たちが報われないのはとても残念だ。」

「サッカーの監督としてのキャリアの中で、最後の最後で追いつかれるのは、よくあることだ。これからシーズン中に最後に勝ち点を獲得できることも期待したい。VARがある以上、無効なゴールが許されるのはあってはならないことだ。」


審判の判定に問題があったかという質問を受け…

「もちろんだ。ファンも、ドレッシングルーム全体もだ。最初のゴールがオフサイドでないことも理解できないし、いつから選手が他人の髪を引っ張ってピッチに居られるようになったのかも理解できない。説明のしようがないし、受け入れたくもない。言葉もない。両ゴールとも成立してはならないし、無効となっていれば公平な結果になっただろう。」

コンテは何度か衝突しているが...

「ピッチ上でちょっとした喧嘩をした2人の選手に例えたい。何も起きていないし、誰も怪我をしていない。プレミアリーグのサッカーで、今日2人の監督が絡んだのは、2人とも自分のチームのために戦っていたからだ。それだけだ。」

「誰も侮辱されなかったし、殴り合いもしなかった。大したことではない。今日の試合の一部だった。自分は楽しんだし、彼も楽しんでいたと思う。悪いことじゃないんだ。」

負傷退場したカンテの状態について…

「ハムストリングの負傷のようだ。彼はかなり強い痛みがあると言っていたから、良くないね。」