トーマス・トゥヘルは、サッカー界では運命は瞬く間に好転すると繰り返し語り、ロメル・ルカクが再びシーズン序盤の調子を取り戻すことを期待しているようだ。

ブルーズは土曜日の午後3時に行われるサウサンプトンとの対戦で、ブレントフォードとレアル・マドリードに敗れた最近のホームでの敗北を払拭したいところだが、トゥヘルはこの夏にインテルから復帰したルカクをまだサポートしていると述べた。

もちろん、これが2回目のブルーズでのプレーとなるルカクは、セリエAのインテル時代のようなプレーの水準に到達していないが、トゥヘルはこの記録的な移籍のストーリーにはまだ続きがあると語り、ルカクの「チェルシー編」はまだ続いていると信じているようだ。

「チェルシーはロメルの獲得を望み、彼を信じて購入したし、今もそう考えている。」

「今のところ、みんなが望むような形でうまくいっているのか?いや、もちろんそうではない。2敗したのはロメルの責任ではないし、この2試合はスタメンにも入っていない。チェルシーは最後までカップ戦を戦い、(FAカップ)準決勝、カラバオカップ決勝、クラブワールドカップ決勝を戦い、最も難しいリーグ戦で3位以内を争っている。レアル・マドリード戦では厳しい結果になったが、これを一人の選手に押し付けることはできない。」

「まだ、もっと良くなるように努力している。これだけの金額を払ったのは理由があり、彼にはここに来てチェルシー編を完結させる理由があった。これは現在進行形のストーリーなんだ。」

「サッカーは何でもあっという間に変わるもので、ここにはすでに大きなチャンスがあった。ストライカーでにとってストーリーはすぐに、そして違った形で書かれることがある。」一方、トゥヘルは、来シーズン選手が混乱するのを避けるため、クラブが契約交渉を夏に早めることを望んでいると述べている。

アントニオ・リュディガー、アンドレアス・クリステンセン、セサル・アスピリクエタが今季限りで契約満了となる中、ボスは今季の記者会見で多くのDFの将来についての質問にしばしば向き合ってきた。

この日の午後、トゥヘルは再び2人の選手の将来について質問された。今回は、2023年夏に契約が切れる中盤のデュオ、エンゴロ・カンテとジョルジーニョについてであった。

「選手、特に主軸の選手、重要な選手には誰もそんなことは望んでいない。監督としては、夏にこれを解決して、これからの方針について明確にすることが重要だ。」

「トニやアンドレアスと同じようなことになるだろう。冬から1月にかけて話し合うことになる。このようなことは避けたいが、今のところ、何も対処することは難しい。だけど、そういった問題を早期に解決するのがみんなにとっての目標だ。」