アストンヴィラに3-0で勝利した試合後の分析では、当然のことながらロメル・ルカクが話題の中心だった。トーマス・トゥヘルは、彼のパフォーマンスに加え、サウールやカラム・ハドソン=オドイのパフォーマンスも評価した。

ルカクが先発し、ゴールを決めたことで、前半勢いのあったヴィラのチームは、やや不運だったと言えるだろう。ルカクがスタンフォードブリッジで活躍した後、エドゥアール・メンディとチアゴ・シウバの優れたプレーで相手は同点に追いつくことができなかった。

後半開始早々、マテオ・コヴァチッチが2点目を挙げ、さらにルカクが2点目を挙げたことで、トゥヘルと彼のチームにとって素晴らしい1日となった。

「順調ではなかった」と語り始めた。

「準備万端で好調なアストンヴィラが相手だったんだ。」

「彼らは最初から鋭い動きを見せ、我々に多くの問題を引き起こした。強力で、多くのシュートをブロックし、セットプレーにも注意しなければならなかった。」

「ディフェンス面では非常に強く、やるべきことをやっていたと思う。後半はもっと良くなった。もっとコントロールできたし、もっと流動的になって、チャンスをうまくものにできた。」

「我々にとって完璧な結果であり、もちろんストライカー(ルカク)にとっても完璧な夜だったが、我々はまだ多くのことを改善できる。」

即戦力としてのルカクについて言及

「彼には個性があり、自信がある。彼は、自分のゴールでチームを助けたいと思っている。そしてそれを実行する自信と落ち着きがある。今日のゴールは、とても難しい2つのゴールで、簡単にタップインできるものではなかったので、とても重要だった。」

「彼のおかげで、強力なアストンヴィラを相手に重要な勝ち点3を獲得することができた。彼は、私たちが持っていなかった何かをグループに加えてくれた、とても満足しているよ。」

サウールにとっては難しいデビューだったが

「彼は苦労した。その責任は私にある。国外での休暇後、彼を難しい試合に投入してしまった。アストンヴィラのフィジカル、激しさ、ハイプレスに適応するのは難しかった。また、私たちのシステムや原則に適応するのも少し難しかったようだ。」

「後半、ジョルジーニョを入れて5-3-2に形を変えるために、センターにもう少し安定感を与えようと考えた。厳しい判断だったが、彼が私に責任があることを受け入れてくれればいいと思う。トレーニングでは問題なく適応しているように見えたが、それはトレーニングの話。今日の試合は非常に激しく、彼は簡単にボールを奪われることがあったので、彼がもっと自信を失う前に外しておこうと思った。」

カラム・ハドソン=オドイが今季リーグ戦初出場を果たした

「カラムは、トレーニングと試合のギャップを克服しなければならない。私はトレーニングで毎日、強くなったカラムを見ているが、彼はトレーニングで見せるような決意を試合でも示さなければ。」

「彼は、右のウイングバックとしても、左のウイングバックとしても、ハーフ10のポジションでもプレーできる。彼はグループのことをよく知っているし、我々も彼のことをよく知っている。」

「彼が数分の出場機会を得たとして、それは決してお情けではない。我々は厳しい決断を下す。彼はそれに値する必要があるし、プレーするに値する。彼の好きなポジションではないことはわかっているが、必要なときにはプレーしてチームに貢献することができる。今日はそうだったが、彼はもっとうまくできるし、もっとアグレッシブになれるし、自分を限界まで高めることができると思う。」

「このギャップを乗り越えて、チームの中で自分の居場所を求めて戦う必要がある。それがチェルシーでの人生だ。」