チェルシーのシーズン初戦を前に、トーマス・トゥヘル監督がヨーロッパ王者としてプレッシャーを感じていない理由を明かした。

トゥヘルは、ポルトでの輝かしい勝利の直後、メディアに対し「これを超えるのは難しいかもしれない」と認めたが、スーパーカップという欧州のタイトルがかかった試合を前に、自分と選手たちを待ち受ける課題について語った。

「チャンピオンズリーグで優勝した後、それ以上の結果をどうやって出せるか私にはわからない。私にとっては初めてのチャンピオンズリーグ優勝だった。これは自分自身に要求してきたことだから、プレッシャーは感じていない。自分に要求するのは、毎日改善していくこと、自分の経験を生かして最高の監督になること、模範を示すこと、そして元気いっぱいでコブハムに来て、チームと共にこれからの準備をすることだ。まだ始まったばかりだけど、長い間一緒に続けていけるように願っている。今必要なのは、チャレンジに立ち向かう勇気だ。勇気とは、ステップアップして、改善し続けること。この半シーズンは本当にうまくいっていたし、それを維持しなければならない。いい結果を残すために、同じ精神で試合に臨まなくてはならない。達成すべき課題はたくさんある。最も重要なのは、プレッシャーや期待により、それを見失わないことだ。」

新シーズンに向けての準備はトゥヘルとチームスタッフにとって簡単ではなかった。代表戦でチェルシーの選手が最後まで闘い続けたのもその理由の一つだ。

「プレシーズンは簡単ではなかった。45分間しかプレーできない選手と5週間トレーニングをしてきた選手たち、4試合をこなした選手たちがいる。それぞれのグループにコンディションのばらつきがあるんだ。フィジカル面でのサポートは本当にうまくいっている。すべてのグループを個別に扱い、毎日必要なトレーニングを提供してくれている。スタッフはできる限りのことをしてきたし、素晴らしいサポートを受けて、問題なくこの重要な試合に臨むことができる。多くの選手にとって、非常に厳しくなるだろう今シーズンに向けての準備は、これから数週間にわたって続くだろう。次の代表選によるブレークの後には、もっと良い状態になっているだろう。」