ホームでのブレントフォード戦に大敗したトーマス・トゥヘルは、後半10分間のプレーがブルーズにダメージを与えたと語る一方で、来週のチャンピオンズリーグ、レアル・マドリードとの対戦が選手たちに影響を及ぼしたかについては否定的な意見を述べた。

スタンフォードブリッジで行われた試合は、5得点すべてがハーフタイム後に生まれ、アントニオ・リュディガーの信じられないようなロングシュートによる先制点が生まれたが、その後ビーズの得点ラッシュで試合は1-4で終了した。

トゥヘル監督は、このような大敗の原因を突き止めようと、先制後の短い時間帯に試合の主導権を奪われ、その後挽回することができなかったことを反省した。

「10分間コントロールを失い、その間に3失点し、試合に負けてしまった。トニのゴールでリードしていたし、その時点まで完全に試合をコントロールできていたから、とても悔しい。」

「ブレントフォード相手にチャンスを作るのは非常に難しく、先制点を取った後は守備をやめ、10分間で3失点してしまった。これは非常に珍しいことで、もちろんチェルシーにとっては悪い意味で今日の勝負を決定づけた。」

「前半の最後の20分は問題なく、後半の立ち上がりも非常によく、リードを奪うことができた。その後、何が起こったかはわからないけど、10分間で完全に試合を失ってしまった。もう勝負はついたと思っていたら、10分で罰が当たったのかもしれない。」

「チェルシーにも逆転のチャンスはあった。取り消しになったゴールもあったし、GKを脅かしたシュートも何度もあった。カイに非常に大きなチャンスがあったけど、それをものにできず、その後どうなったかは知っての通りだ。」

トゥヘルは、代表戦から帰ってきた選手たちが疲れているように見えたと言う。

「厳しいスタートだった。代表戦後にこのような状態になったのは初めてではないし、自分たちのリズムをつかみ、完全にコントロールできるようになるまでには時間がかかった。」

「エネルギーが足りず、いつもなら強くプレーするところができていなかった。肉体的にも精神的にも疲れているように見えた。代表戦の後に試合をするのは大きなチャレンジだけど、優勝候補であり、ホームでプレーする以上、きちんと結果を出さなければならない。今日はそれが十分にできなかった。」

「この試合に対する自分自身の期待もあまり高くなかったことは自覚している。代表戦後で、しかも有利なチームとして、よく組織され、フィジカルなチーム相手に試合を支配し、崩すのは大変なことだ。」

「リードしていたし、主導権を握っていたし、自分たちがどんどん良くなっているのを感じていたから、あんなことになるとは思っていなかった。」

監督はチームの選択も選手のパフォーマンスもレアル・マドリードを意識したものではなかったと主張する。

「ブレントフォード戦でベストのチームだと思ったから選んだ。レアル・マドリードのことは、1パーセントも意識していない。」

「1-0、2-0、3-0で負けていたかもしれないけど、今回の結果は異なる。」

最後にトゥヘル監督は、新たな負傷者はいなかったこと、そしてトレヴォ・チャロバーが試合当日のメンバーから外れた理由を明かした...。

「チャロバーについては人選の判断だ。4バックでプレーすることを決め、4人のセンターバックを選択したんだ。」

「負傷者はいなかった」と、交代で入った3人について付け加えた。