トーマス・トゥヘルは、ホームでのマンチェスター・ユナイテッド戦は勝利を収めるのに十分なパフォーマンスだった考えているが、サッカーでは常に内容に相応しい結果が得られるとは限らないことを受け入る必要があると語った。

スタンフォードブリッジでの試合は、トゥヘルと選手たちにとって悔しい午後となった。前半を支配していたにもかかわらず、先制点を奪うことができず、後半には逆に先制され、1-1の引き分けに終わった。

しかし、監督はこの結果を気にすることはなかった。自分たちのチームが勝者にふさわしかったと信じていたからだ。しかし、スポーツの性質上、最近の素晴らしい成績にもかかわらず、このような悔しい試合は常に起こりうることだ。

「確かに、この内容で勝ち点を落とすことは考えにくい。なぜなら、我々のほうが優れたチームであり、リズムとインテンシティ、ハイボールの勝利を決めたのも我々だったからだ。」と、試合終了後、トゥヘルは語った。「失望しているが、後悔はしていない。」

「サッカーではこういうことが起こりうる、それはわかっている。良い気分ではないが、このようなものだ。私はチームに、パフォーマンスやプレーの仕方に満足していると伝えた。プレーには満足していますし、私たちが見せる勇気や激しさ、そして意志の強さにも満足している。ハングリーなチームであり、努力を惜しまないチームであり、それらが私の好きなところだ。」

「ユヴェントス戦のような試合では、セットプレーから先制点を決められなかったり、モラタのチャンスをチアゴがライン上でセーブできなかったりしていたら、まったく同じ試合をして引き分けになる可能性もあった。そのようなことが起こり得るんだ。でも、私は選手たちの頑張りにとても満足している。」

「チャンスを作り、良いパスを送り、膨大な量のシュートを打った。もっとうまくシュートを打てるか?そうだね。ハイボールのリカバリーが非常に多かった。もう少しチャンスを作り、そこから優位に立てたのではないか?それもその通り。でも、私たちは努力したし、観客もそれを感じていると思う。エネルギーも質も適切で、結果は結果だ。今日は運が無かったことを受け入れるしかないね。」

トゥヘルは、ジョルジーニョの稀なミスでユナイテッドに先制されたことに同情しつつも、ペナルティスポットから同点に追いついたジョルジーニョの勇気あるプレーに喜びを感じていた

「このようなミスをして、失点をしてしまうのは、チームにとっても、ジョルジにとっても、非常に珍しいことだ。彼は状況を見誤り、照明の影響で、ボールを見れなかったのだと思う。」

「しかし、ミスに影響を受けず、大事な場面で同点のためのPK蹴る勇気を持つには、かなりの勇気と人格が必要です。彼がやり遂げてくれたことをとても嬉しく思う。」

また、ティモ・ヴェルナーがスタメンに復帰し、ロメル・ルカクがベンチ入りしたことで、怪我をしたストライカーたちのフィットネスについても説明しました

「ティモが試合感を取り戻せていないのは明らかだ。彼にキャリア最高のパフォーマンスを期待できるか?それはできない。だから、いつもこの瞬間に何を期待できるかということが重要なんだ。」

「彼はトレーニングでとてもシャープに見え、この2回のトレーニングで多くのゴールを決めた。だからこそ、私は直感で彼をピッチに立たせ、相手ディフェンスを圧倒してくれると思ったんだ。」

「ティモは、ユヴェントス戦でもゴールを決めていたし、非常にシャープな動きをしていたので、中央で決定的な役割を果たすことができると思っていた。今日は彼にとって簡単ではなかったし、明らかに試合数が不足していることがわかったから、ここからが本番だ。」

「ロメルが完全にフィットしていれば、彼が我々のスターターだが、今はまだそうではない。彼を使いたかったというより、もう少しで追加点を取れそうだったから彼が押してくれるだろう、最後にワンタッチしてくれるだろうと思ったんだ。我々にはゴールの真ん中での脅威が少し足りなかった。」