トーマス・トゥヘルは今夜のFAカップ対バーンズリー戦でケパ・アリサバラガをスタメン起用、更にビリー・ギルモアも出場する可能性いと語り、一方でティモ・ヴェルナーは出場しないと明言した。

5日間で2試合目となるヨークシャーでの試合に臨むブルーズ。FAカップ第5回戦に向けて、多くの選手を入れ替えることを宣言したトゥヘルは、チームに高いパフォーマンスを要求する。

2週間前にチェルシーの監督に就任して以来3勝1分けという成績を残しているトゥヘルは、まだケパやギルモアを起用したことはなく、現在チャンピオンシップ13位のバーンズリーとの試合で出場機会に恵まれていない選手をプレーさせるチャンスと見ている。

「ケパは先発出場する。彼にチャンスを与える。トレーニングでの成果を発揮してほしい。これまでエドゥ(・メンディ)の調子が良かったからGKを代えてこなかったが、これはケパにとっていい機会となる。いい結果を残そうと力み過ぎずに普通にプレーすることが非常に重要だ。彼には自分の持っている能力を発揮し堅実なパフォーマンスでチームを支えてほしい。」

トゥヘルはコブハムに来てからケパのトレーニングへの姿勢に満足しており、GKというポジションは入れ替えが難しいこともあるが、彼をチームの要員として高く評価している。

「GKは3人ともいい雰囲気だと思う。このポジションは特殊でもちろん競争はある。重要な役割があり、ミスを犯すと誰もがそれを指摘し批判を受けるという固有のルールがある。メンタルの強さが必要となるポジションだが、3人ともその能力を持っている。」

「選手たちを限界まで追い詰めるのがスタッフの仕事だ。もちろんクラブは彼らの市場価格を維持する、または高めることを求めるが、スタッフとしては彼らがピッチにベストコンディションで立てること、そして各ポジションで競争があることが大事だ。GKはトレーニングで調子が良くても試合中に交代できるポジションではない。他のポジションとは異なり彼らのことを信用しているからといって試合に出すことはできない。彼らは長年このポジションでプレーしているからそれについてよくわかっているだろう。ケパに能力を最大限発揮させ、信頼関係を築くのがスタッフの仕事だ。目標を達成するには3人の優秀なGKが必要となる。」

ギルモアもトゥヘルの下で出場機会がないが、FAカップではモアカム、そしてルートンとの試合両方でフル出場している。彼も先発出場のチャンスがあると語るトゥヘル。

「アカデミー卒の選手としてすべてを兼ね備えており、まず彼を人間として気に入っている。彼は夢であったトップチームでプレーすることに満足している。真摯で忍耐力もあるし、トレーニングでも怖気づくことなく成長しようとしている。」

「ビリーは多才な選手だ。自信を持っていて非常に高いパス能力があり、ポジション取りもよく、フィジカル面ではトップチームでプレーするためのすべての能力を持っている。中盤は層が厚くジョルジーニョ、コヴァチッチ、エンゴロ・カンテの次に来る選手だ。だから試合に出場するチャンスは少ないが、4人目の4番として考えている。彼がここにいることに満足しているし、より活躍できるようにサポートしたい。」

バーンズリー戦に参加しないことが決まっているのがシェフィールドU戦で途中交代したティモ・ヴェルナーだ。

「まだ痛みが残っていたからトレーニングを中断させミニゲームを行った。バーンズリー戦では念のため彼の起用を避ける。彼はここ数試合チームに大いに貢献しているから、ゴールから遠ざかっている彼が欠場することは残念だが、完全に復調し月曜日の試合に戻ってくることを期待している。」