トーマス・トゥヘルは、チェルシーがまだ手にしたことがないクラブワールドカップのトロフィーを手に入れるために、必要なことすべてを準備すると語った。

クラブワールドカップに最後に出場したのは日本で開催された2012年だが、コリンチャンスに1-0で惜敗し、ラファ・ベニテス率いるブルーズは失意のどん底に突き落とされた。

「出場するとなれば、自然と士気が上がるものだ。出場しなければ、特に注目を集める大会でもない。ヨーロッパではそういう空気だけど、もしかしたら自分だけそう思っているかもしれない。」

「だけど、参加するとなると、プランを立て始め、大会が近づくとともに士気も上がってくる。」

2000年の初回大会以来、クラブワールドカップで優勝したイングランドのクラブは、マンチェスター・ユナイテッドと近年のリヴァプールの2クラブのみであり、ブルーズにとってはチャンピオンズリーグ2回を含む国際大会でのトロフィー獲得数を9に伸ばす素晴らしい機会となる。

2021年1月にチェルシーの監督に就任して以来、3つ目のトロフィーを獲得するチャンスについて、トゥヘルはアブダビから「並外れた」賞品を持ち帰りたいと述べた。

「いつもとは異なる特別なトロフィーを獲得する大きなチャンスだからこそ、それを実現するために何でもするつもりだ。」