トーマス・トゥヘルのチェルシーの監督としての初戦は引き分けに終わったが、新しい選手たちと試合に向けて1日しかなかった準備期間を鑑みると、多くの良い兆候が見られた。

ドイツ人新監督が就任したのは、今日、スタンフォードブリッジでのウォルバーハンプトン・ワンダラーズ戦のキックオフのほぼ24時間前であったため、準備時間が限られていたのは誰の目にも明らかだった。

最初から最後まで完全にゲームを支配していた展開で勝ち点3を奪えなかったことに、選手たちにフラストレーションが溜まっていることは間違いない。

しかし、トゥヘルは、彼のメッセージと望むプレースタイルが短期間でチームに受け入れられたことに感銘を受けていた。

「ドレッシングルームに入って、みんなに言ったんだ。疑問を抱く余地はないと。」と彼は言った。「逆に言えば、エネルギー面でのパフォーマンス、チームの集中力には非常に満足している。最後の3分の1で16回のリカバリーがあったと思う。我々は非常に組織的で、カウンター攻撃が最も危険なチームの一つに危険なカウンター攻撃を許さなかった。」

「だから、私たちは非常組織化されていて、勇敢で、勇気があって、チームとして、攻守ともにとても良いプレーをした。途中出場した選手たちからいいインプットがあって、最後までベンチにいた選手たちからもいい姿勢を感じた。いい雰囲気が漂っていたよ。」

「サポーターのサポートがなかったのは残念だった。チャンスに良い後押しがあったかもしれないし、決定的なゴールを生むことができたかもしれない。厳しい試合だったけど、僕らは決して集中力を失うことはなかったし、その点ではとても満足しているよ。これが我々のスタート地点であったならば、最終的にどこまで行けるかが楽しみだ。」

トゥヘルは、チェルシーの選手やスタッフが自分のチームに対する考えやプレーの仕方をすぐに受け入れてくれたことに満足していた。

「昨日、自分たちの考えや信念、戦術的なアプローチ、どこでゲームを加速させたいか、どこでスペースを閉じたいか、どのように守備や攻撃をしたいかなど、完全にオープンな状態でシェアできた。これはどの監督も望むことなので、とても良い気分になった。これからは今日のプレーを今のレベルとして、細かい作業を始めてバーンリー戦に向けて準備をしていく。」

「もし満員のスタジアムがあれば、ファンはここで見たものを気に入ってくれただろう。完全に相手陣内でプレーしていたし、早い段階でカウンター攻撃を封じることができたし、多くのチャンスが生まれたし、分を追うごとにチャンスが増えていった。」

「コブハムのスタッフは多くの情報を提供してくれたし、ウォルバーハンプトンを分析したり、セットプレーなどの準備をしてくれたりと、素晴らしい仕事をしてくれた。どこに選手を配置するか、ディフェンスの3人から始めて、2人の速いストライカーに対する守備を助けるための明確なアイデアを持っていたので、私たちが簡単にカウンターで崩されるのを防ぐことができた。」

「そのために私たちは、ダブルシックスを使ってピッチ上で相手フォワードを3対2でコントロールすることを決めました。そこからは、どこで加速してどこで守備をするか、スペースをどうやって潰すかを見せようとしました。私が今日見た結果にはとても満足しています。」

「私たちのアイデアを完全に受け入れてくれるチームに出会えた。このようなチームがあれば、これ以上望むことはないだろう。」

クリスティアン・プリシッチとチアゴ・シウバとの再会、ドイツ時代から何人か知っていたこと、プレミアリーグをチェックしていたことが大きな助けになったことを認めた。

「面白いのは、シーズンの途中でチームに入ると、すでに何人かの選手を知っていることだ。ティモやカイ、トニもそうだし、僕は何年もカンテをチームに入れるために努力していたんだけど、突然、彼がここにいるんだ。」

「私がドルトムントやパリでコーチをしている時でさえ、プレミアリーグを常に見ていたから、彼らがどんな能力を持っているのか、はっきりとしたイメージを持っているんだ。アスピリクエタのような男が自分のオフィスにいるなんて、生まれた時からのサッカーファンとして純粋に嬉しいよ。」

「クリスチャンについては、彼の能力をよく知っている。彼は大きな影響力を持っていた。今日、彼を先発させなかったのは不公平だった。彼を知っているからこそ、ベンチスタートから何ができるかわかっていて、他の選手が途中出場で何ができるかは分からないと言ったんだ。彼は先発出場できる選手だが、ベンチからもチームのために状況を変えることができる。ハーフタイムには、アスピの名前の発音を間違えてると教えてくれて、直すのを手伝ってくれた。大きな助けになったよ。」