トーマス・トゥヘルは、アブダビから戻ったばかりのチェルシーがクリスタルパレスと対戦し、1-0で勝利したことに満足しているようだが、チームには改善の余地があると話した。

ハキム・ツィエクのゴールで勝ち越したものの、その前に彼のゴールがVARによって無効にされたため、決勝点は89分まで待たなければならなかった。また、相手の集中力と嵐ユーニスの余波によるひどい天候が重なり、ブルーズはセルハーストパークで勝ち点3を奪うのにかなり苦労した。

トゥヘル監督は、勝利という結果とクリスタルパレスのチャンスを最小限に抑えたことに満足しつつも、このチームには今日以上のプレーが望めるポテンシャルがあると信じて疑わないようだ。

「もっといいプレーができるのは分かっているし、もっといいプレーをしたいのも分かっている」と彼は語った。「少なくとも守備は堅かったし、規律もあった。」

「ハーフタイムにチームには、気持ちを失わないように、カップ戦のようにハードワークを続けるように、もしかしたらまたゴールチャンスが来るかもしれないし、それが決定的なものになるかもしれないと話した。信じ続けること、クレイジーなことをしないこと、リスクを冒して相手にカウンターのチャンスを許さないこと。」

「クリスタルパレスに許した最初のチャンスは、クリスチャンへの明らかなファウルだったし、最後のチャンスは、もっとうまく守れていたアディショナルタイムに許したが、あれが唯一のチャンスだった。私たちは無失点を達成し、1-0は今シーズン初めてではない。」

トゥヘル監督は、FIFAクラブワールドカップで優勝した後、まだ帰国して1週間も経っていないことから、この試合は難しいものになると考えていたようだ...。

「30度の暑さから戻り、飛行機のエアコンで風邪をひいた選手が6人、アブダビでの時差ボケを引きずっていた選手ばかりだった、気温と時差の関係でアブダビでよく眠れた選手はいなかった。」

「もし、私たちに普通の準備週間があったなら、こんなものではないと言うしかないでしょう。私たちは今、生き残りをかけている。クラブワールドカップに出場し、チェルシーのメンバーとして優勝を目指すのであれば、大きなプレッシャーがかかる。選手たちは自分たちに大きなプレッシャーをかけているし、4週間もプレミアリーグでプレーしていなかったんだ。」

「個人的に今日のパフォーマンスを過剰に期待していなかったのは、いろいろな理由が複雑に絡み合った、とても不思議なことだった。昨日のトレーニングでは、アスピとカラムに問題があって、トレーニングから外れてしまった。だから、このような状態になってしまった。」

また、このような試合は冬の間は誰もが経験することであり、このようなシチュエーションでの勝ち点3は、選手たちに今後への弾みをつけることができると考えているようだ...。

「今のような季節には、どのチームにもこのような試合があると思う。特に12月、1月、2月は、相手の強さに加えて、コンディションが本当に大きな逆境をもたらすことがある。この試合をもう一度やれば、引き分けになる可能性は高い。」

「だから、決勝点まで時間がかかっても、どんな勝ち方でも、前に進んで、そこからポジティブなエネルギーを得て、次の試合に持ち込むチャンスがあるんだ。あまり深く考えなくてもいいし、明日目が覚めてから「もっとうまくやれたんじゃないか」とか「あそこで点を取ればよかったんじゃないか」と考える必要もない。」

「我々はやり遂げた。現時点では、ゲームにもう少し自由と流動性を再導入するために、これは非常に重要なこと。私たちは、少し疲れているように見える。私たちは苦戦している。だからこそ、勝つこと、そして無失点を達成することが非常に重要であり、それを継続することが大切だ。」

そして、プレミアリーグの順位表で2位のリヴァプールに追いつく可能性について語った...。

「残念ながら、もう直接対戦することはないんだ。彼らは今、とても強く見える。それが現実で、彼らは冬に良い選手を獲得し、チームをさらに強化した。」

「しかし、自分たちの試合を改善し、スタイルを向上させ、連戦連勝する以外に道はない。」

「リヴァプールやマン・シティを見たり、後ろを見たりする必要はない、自分たちには対処することが十分にある、改善することが十分にある、そこからスタートするんだ。」