トーマス・トゥヘル監督は、今シーズン、チェルシーでセサル・アスピリクエタ、チアゴ・シウバ、カリドゥ・クリバリを起用できることを「非常に心強い」と考えているようだ。

トゥヘル監督は、エヴァートンとのプレミアリーグ開幕戦に3バックで臨み、ジョルジーニョのPKで1-0の勝利を収め、クリーンシートを達成した。

このトリオは全員30歳を超えているが、トゥヘルはアスピリクエタ、チアゴ・シウバ、そしてクリバリの経験とクオリティがチームにとって不可欠であり、土曜日の勝利に示されたように、彼らが若い選手たちの助けにもなると信じている。

「彼らのような経験豊富な選手がいることは、とても心強い」とトゥヘルは土曜日のマージーサイドでの勝利を振り返りながら語った。

「彼らは経験豊富で、それは年齢を表す別の言葉かもしれない。でも、真面目な話、彼らは多くの経験を持っているし、プレーの質も高い。

「アスピ、チアゴ、カリドゥのような選手がいることはとても幸せだが、いずれ将来彼らの後を継ぐ次の世代が現れることも重要なことだ。」

「しかし、彼らはチームにとって強力な戦力であり、それが彼らを契約している理由でもある。個人的には彼らにとても満足している。」

「試合はとてもフィジカルでとても厳しい。だから、他の選手たちもローテーションで必要になってくる。チェルシーのようなクラブでは、様々な大会で戦うためにトップレベルの選手が必要だから、これは当然のことだ。」

「アスピはこのクラブのレジェンドだ。チアゴは、今現在も非常に高いパフォーマンスを発揮していて、チームにとって非常に重要な選手だ。そしてカリドゥについては、彼と契約する機会が訪れたとき、まだトップレベルでプレーできると感じたのから、ぜひとも獲得したかったんだ。」

「全体的に見て3バック、GK、そして今日のジョルジーニョとエンゴロ(カンテ)のダブル6が2人とも30代であることは事実だ。それが現実であり、このメンバーでとても満足しているけど、将来のことも考えなければならない。」