トーマス・トゥヘルは、チェルシーがアーセナル相手に圧倒的な勝利を収めたことを受けて、今シーズンの「完璧な」スタートを称賛した。

ロメル・ルカクとリース・ジェイムズのゴールで勝利、開幕2試合目にして、いまだに無失点という快挙を成し遂げた。

試合後、監督は「1週間のハードなトレーニングの後、少し気力が落ちそうな場面も克服し、重要な場面で質の高いパフォーマンスを発揮できた」と振り返った。

「前半は、少しシャープさと活発さに欠けていたような気がした。幾つかの場面では少し受け身になっていたし、長いトレーニングウィークでダブルセッションのハードなトレーニングを行っていたことから、少し脚が疲れていたように感じた。」

「後半は、序盤のいくつかの分を改善し、その後はとてもうまくコントロールでた。より多くのチャンスを作ることができ、勝利に値したと思うが、まだ改善の余地がある。」

ルカクは2度目のデビュー戦でゴールを決め、さらにヘディングシュートをクロスバーに当てる場面も...

「彼がすでに溶け込んでいることにとても満足している。とても賢く、グループの中にいるのを好み、とても民主的なリーダーなので、みんなと話をしている。」

「とてもフレンドリーで、謙虚で、負けず嫌いなので、ボールを守り、前線から最終ラインまで非常にダイレクトにプレーするという、これまであまりなかったものを与えてくれる。」

「彼にとって、ゴール以上のスタートはなかっただろう。もう少しで2点目が取れそうだったが、ベルント・レノのビッグセーブがあったし、ハーフチャンスやチャンスもアシストしたので、良いスタートと思う。ここからもっと改善していかなければならない。」

新しいストライカーに期待していることは何かと尋ねられた監督は...

「特別望んでいることはないよ。彼の強みや、カイやメイソンと連携して適応する能力を見るために、オープンな気持ちで彼を見守りたかったんだ。」

「みんな彼と一緒にプレイするのが好きだし、ここからは細部に拘っていくことができる。」

試合終盤に頭部を強打したジェイムズの最新情報があった...

「意識ははっきりしていたよ。ただ、歯を失ったことを心配し、少しショックを受けていたは、それ以外は何もなかった。」

最後に、トーマスは2021/22シーズンのスタートを振り返った

「完璧なスタートだね。失点していないし、2勝している。ロンドン・ダービーだから、チームとして必要な本物の自信を与えてくれたと思う。」

「私たちは異なるチームになり、ある選手は去り、ある選手は新しくやってきた。だから、こうした経験が私たちには必要なんだ。」