チアゴ・シルバとカンテは、コロナ感染による隔離期間が終わり、今日からコブハムのトレーニングに戻ることになったが、トーマス・トゥヘル監督は、水曜日に行われるカラバオカップ準決勝のトッテナム戦への召集については、最後の最後まで判断を遅らせると語っている。

カンテとシウバの2人は先週、コロナウイルス陽性反応が出たため、2-0で勝利したトッテナムとのカラバオカップ準決勝第1戦と対照に終わったFAカップ対チェスターフィールド戦を欠場していた。しかし、トゥヘルは、明日のN17への遠征前の最後の準備として、この午後のセッションにふたりを参加させたいと考えているようだ。

FAカップ4回戦を無事に突破し、新たな負傷者も出ていないため、監督は同じメンバーが召集できると考えているが、厳しい日程が続く中、いつ選手が怪我や病気に見舞われるかわからないと警戒する。

「幸い、今のところFAカップに出場した選手たちに新たな怪我はない」と、試合前にビデオリンクを通して記者会見に臨んだトゥヘルは語り始めた。

「チアゴとカンテについてはギリギリの判断を待たねばならない。彼らは心臓検査とコロナの検査を受けており、トレーニングに復帰させるためのプロトコルに従っている。試合に召集できるか、彼らがどういった反応を見せるか様子を伺っていきたい。」

「彼らを起用できるかどうか、そこでどれだけの責任を負えるかはわからない。一歩一歩進むしかない。彼らがトレーニングに参加できるかどうかもわからないけど、できるのならその時に決めればいい。」

冬の移籍市場について

「日々状況をチェックしているけど、今のところ変化はない。ニュースはない。しかし、プレッシャーをかけたり、人前で話したりする必要はないし、リラックスしているよ。」

「怪我をしている選手にはできるだけ早く戻ってきてほしいし、そうすればチームが元に戻る。今のメンバーにはとても満足している。長期離脱者が何人かいるから移籍市場にも注目しているけど、1月のはいつも少し特殊なんだ。」

「今のところ、大きな動きはない。最終的にはもっと多くの移籍が(他のクラブで)あるだろうけど、実際にはどの程度の規模になるかは分からない。」

リヨンにレンタル移籍中のエメルソン・パルミエリを呼び戻す可能性について......

「エメルソンに関しても同じことで、答えも同じになるだろう。ニュースはないし、あればまた報告する。」

ビリー・ギルモアのコブハムへの復帰について

「彼の怪我をチェックしているところだ。彼は我々の選手だから、ここに戻って検査を受けて状況を把握することができる。」

「検査後に彼やノリッチと一緒に、この後について決めていきたい。彼が残る、残らないの話はまだしていない。」