トーマス・トゥヘルは、チャンピオンズリーグの覇者であるブルーズは、今シーズン、どのチームにとっても倒しがいのある相手となると語った。

昨シーズン、欧州サッカー界で最大の栄冠を手にしたことは、ドラマチックであると同時に予想外のことだった。多くの専門家は、ラウンド16でアトレティコ・マドリードにさえ勝てないだろうと予測していた。

アトレティコ・マドリードとポルトに勝利して準決勝に進出したが、当時はレアル・マドリードが優勝候補だった。ポルトガルで開催された決勝戦では、チェルシーの実力に疑いの余地はなかったが、マンチェスター・シティがトロフィーを手にするとの予想が大勢を占めていた。

タイトルホルダーになった今、期待値とのバランスを取ることが、トゥヘルの今シーズンの課題のひとつであり、今日の記者会見では、その方法について説明した。

「タイトルを獲ったばかりなのに、挑戦者として見られるのは難しい。」とボスは言った。

「昨シーズンは優勝候補ではなかったが、試合を重ねるごとに良くなり、自信を深めていった。挑戦者として見られていたが、それがいい方向にさようしたと思う。」

「今、私たちは優勝候補として見られているでしょう。私たちには経験があり、それが相手チームにとって我々と対戦することに高い価値とモチベーションをもたらしている。私たちはこれを受け入れなければならないんだ。」

「難しい話ではないよ。」

「私たちは、下克上だったりやタイトルへの挑戦者という役割が好きで、それは今も変わらない。自分たちが優勝最有力候補だとは思ってないが、自分たちがどんなパフォーマンスができるのかを周りに示した。」

「これらの期待から自分自身を解放し、これらの期待が自分たちの期待にならないようにすることが非常に重要だと思う。現実的でなければならない。私たちは高い水準を要求し、それができればパフォーマンスも向上するだろう。」