トーマス・トゥヘル監督は、マルメ戦で負傷したロメル・ルカクとティモ・ヴェルナーの状況を明かし、前半に途中退場となったにもかかわらずルカクをメンバーに加えたことに後悔はないと述べた。

スウェーデンのマルメ相手に4-0で大勝したことは、トゥヘルとチームにとって完璧に近いものだったが、フォワードの2人、ルカクとヴェルナーがハーフタイム前に負傷して退場したため、素直に喜べる結果ではなかったかもしれない。

試合後、トゥヘル監督はメディアに対しルカクの負傷について、監督が試合前に指摘していた代表戦による疲労ではなく、2点目のPKを獲得した際の相手のタックルが原因だったと説明した。

「ロメルはエリア内でファウルを受けたときに足首を捻り、ティモはハムストリングを痛めたので、2人ともしばらく時間がかかるだろう」と語るトゥヘル。「正確に彼らの状態を理解するためにはより細かい検査が必要だが、何試合かは欠場することになるだろう。ロメルがピッチに立つことは必要だった。彼は試合開始から非常に良いプレーを見せていた。彼はチェルシーの9番であり、攻撃の軸だ。精神的疲労に対する最善の解決方法はゴールを決めることで、自分たちが優位に立てるとわかっていた。」

「今日は、メイソンとティモを中心に速攻を組み立て、ルカクをトップに置いたから、彼が得点を決めて状況を好転させてくれると強く信じていたし、実際にそうなった。序盤から絶好調で何度も相手のファウルを誘ったし、彼がいなければ2-0ではなかったかもしれない。」

「筋肉の損傷でもなく、肉体的な疲労でもない。後悔はしていないけど、彼は少し試合に出過ぎている。これは個人的な考えで、もしかしたら正しくないかもしないけど、この試合は彼に自信を持たせてプレーさせるべきだった。彼は決定力があったし、こういうことは起こり得ることだから、後悔はしていない。」

さらにトゥヘルは、この2人の代役であるカイ・ハフェルツとカラム・ハドソン=オドイのパフォーマンスと、フォワード陣の不在が他の選手に出場機会を与えることにも言及した。

「チャンスは常にあるし、今は各々が自身の実力を証明することが必要だ。ロメルがいない試合もあるし、ティモがいない試合もある。だから、誰もが試合に出場する可能性がある。」

「これが現実であり、今日の彼らは実際にチャンスを掴んだ。土曜日には、誰が先発しても同じパフォーマンス、同じハングリー精神、同じ精神力が必要となる。試合に勝つためにはゴールが必要だからね。解決策を考えるけど、ロメルとティモがいないことは明らかで、他の選手たちがこのチームで決定的な役割を果たすことになるだろう。」

トゥヘル監督は、チームのパフォーマンスに満足しており、土曜日に行われる次のノリッチ戦でチームが同じようなプレーを見せることを期待する。

「データをチェックする必要があるけど、リカバリーにはプロ精神が求められる。うまくいけば次の試合に向けて楽に準備ができるからね。ノリッチ戦でも同じパフォーマンスを要求したい。準備期間は自分の監督としてのキャリアの中でも最も短いかもしれないけど、今日と同じレベルのプレーを要求したい。同じエネルギー、同じスプリント、同じランニング、同じボール奪取、同じ努力を求めたい。何人か選手を入れ替える可能性もあるけど、それについてはこれから考えていきたい。」