1−0での勝利をより確実なものにするために、いくつかの細かい点が改善できたと分析するトーマス・トゥヘル。しかし、チームがしっかりと仕事を果たした面も多かったと振り返った。

前半に自信を持って放ったジョルジーニョのペナルティーで自身のロンドンダービー初勝利を収めたのを見届けた監督は、試合後、ジョルジーニョのペナルティキックついて語った。また、この試合での一つの心配事、チアゴ・シルバの負傷についても話したが、トゥヘルはまずチームの様子を総合的に評価することから始めた。

「この結果にはとても満足している。」

「前半は非常に良かったし、ポゼッションを支配して球際で強く、カウンタープレスも良かったし、カウンターが最も危険なチームを相手にそれを許さなかった。」

「2-0にして、さらにゴールを決めて試合を決めるためには、ボックス内での正確さと冷静さが少し欠けていたので、後半は少しきつかった。簡単なボールロストも何度かあったし、ボールポゼッションや自信も少し失われたが、守備の体制を崩すことはなかったし、高い位置で押し上げる素早さや、高い位置で前に出る勇気も失っていなかったので、非常に満足している。」

トッヘル監督は、後半、チャンスを決めきれなかったことや、カウンターでの大きなチャンスがあったことを言及したが、相手に許した大きなチャンスが1つだけだったことに満足していると強調し、トッテナムが終盤近くでリスクを冒したときのことを強調した。トッテナムのストライカー、カルロス・ヴィニシウスがヘディングでシュートを放った場面だ。

チェルシーが試合を決めきれない傾向にあることについて、彼は次のように付け加えた。

「もっと決定的なチャンスを生み出す必要がある。これが私の目的であり、仕事なのだ。サッカーで一番難しいのは点を取ることと冷静でいることだ。しかし、我々は選手たちを信頼しているし、より明確なチャンスを作り、より効果的になるように努力していくつもりだ。」

チアゴ・シウバは後半、ボールを受けようとストレッチをしていた際に太ももを負傷して交代した。

「日曜日の試合に向けて非常にタイトなものになるだろう、たった2日のインターバルだ。」とトゥヘルは、この選手について語った。「診断を下すには早すぎる。明日まで待って、決断を下すが、日曜日の試合は厳しいだろう。」

新監督は、ジョルジーニョにペナルティについて話したかどうか尋ねられたが、ジョルジーニョはペナルティの蹴り方を変えたようだ。

「ここ9日間でトレーニング後にペナルティを練習している。」と始めた。「そして、ウィリー・カバジェロがペナルティキッカーに本気になるように促している。本気で蹴らないと彼からはゴールを奪えない、だから誰がキッカーに相応しいかがわかりやすかった。」

「ジョルジーニョとメイソン・マウントの名前は、私たちが候補に挙げたもので、私が試合直前にジョルジーニョのところに行って、自信はあるかどうかを尋ねた。彼ははっきりあると言ってくれた。だから我々は彼を信頼していたが、どう蹴るかについては彼には話していない。選手たちは、自分たちが自信を感じる方法で蹴らなければならない。無事に決まって本当に嬉しいよ。」