マージーサイドでの敗戦後、監督は個人のミスの代償を嘆いた...。

日曜日の午後、グディソンパークで1-0の敗戦を喫し、失点と個人のミスという最近続いている問題を強調したトーマス・トゥヘルは、チェルシーの攻撃陣にボールが届かないことがパフォーマンス上の問題だったかと問われた。

「いや、問題は無失点に抑えられていないことだ。」と簡潔に答え、その答えに加え、現在の問題がどこにあるのかを明確にした。

キャプテンのセサル・アスピリクエタが不運なミスを犯し、この試合唯一の失点に繋がった、ハーフタイム直後の得点に、グディソンパークは沸いていた。

元チェルシー監督、フランク・ランパードが率いる、プレミアリーグでの生き残りをかけて戦うエヴァートンとの対戦を甘く見てはいなかったが、現監督は明らかにこの試合の結果に不満そうで、特に最近の試合、例えば木曜日にマンチェスター・ユナイテッドでリードを許して1-1で引き分けた時のことを考えると、今日の試合結果は非常に残念だった。監督は、「何が起こるかは分かっていたが、ここ数試合と同様に無失点を保つのに苦労した。」と語った。「ここ4試合で無失点は1回だけで、ウェストハム戦が唯一の勝利だった。これは非常に不甲斐ない結果だ。」「マン・U戦は、よりオープンで、スペースを見つけ、流動的で、多くのチャンスを作り、やっと後半に得点して、そのまま失点してしまった、全く違うゲームだった。今日はウェストハム戦のように相手が深く守ってきて、前半はなかなかスペースが見つからなかった。」「ウェストハム戦では無失点を達成し、大きなミスもなくシンプルにプレーできたから、後半に得点するチャンスがあった。エヴァートンのような相手と雰囲気で、スタジアムの信念と感情、そして相手選手の気持ちに直面すると、苦戦するし、それが結果に出てしまった。」

「私たちはゴールを与えてしまった。この雰囲気、この状況で起こる最悪の事態だ。我々の責任であり、あまりにも頻繁に起きている。大きなミスをせずにプレーすることに苦労していて、結果を出すのに苦労している。」監督は、レフェリーが相手の激しいプレーにもっと厳しく対処してくれればよかったと感じているようだが、チームはそれに対して準備ができていた。集中力を維持し、失敗を避けることが非常に重要であったと、彼は再び強調した。この結果を、トップ4争いという広い視野で捉えた上で、トゥヘルは次のように語った。:「何週間も前に言ったことだが、決して安心はできないし、1位、2位、3位、4位とどの位置にいようと関係なく、4試合で勝ち点4というのは物足りないんだ。」「だから、自分たちのできることを大切にしなければならないし、今のところ、とてもいいプレーをしていてもっと取るべき時に点が取れず、まあまあのプレーをしても負ける、これは悪い流れだ。」

また、トゥヘル監督は、昨夜のホテルの外で打ち上げられた花火がチームに影響を与えたかどうかという質問も上がった。「全く関係ない」と監督は答えた。