トーマス・トゥヘルは、アウェーで首位マンチェスター・シティにケヴィン・デ・ブルイネのゴールで敗れ、相手チームのある一面を、敗因として強調した。

ブルーズは、9月にスタンフォードブリッジでシティと対戦した際の結果を繰り返し、首位と現在13ポイント差となっている。タフな相手に対して、監督を失望させたのは、守備陣よりもむしろ攻撃陣だった。「今日はある状況での個人のパフォーマンスによって負けた」とトゥヘルは分析を始め、デ・ブルイネの一撃の凄さを示唆した。「態度、コミットメント、ディフェンス面では、あまり大きなチャンスを許さなかったことに満足している。マン・シティのビッグチャンスを最小限に抑え、本当に危険な場面を最小限に抑えた。」「意識して、積極的に、常にアグレッシブに、コンパクトに守備を固めていた。前半はカウンターアタックのチャンス、攻守交替のチャンスがあったのに、無駄にしてしまった。後半はボールを支配していたから、失点後の反応も非常によかった。ハーフチャンスもあったし、同点に追いつくチャンスもあった。」

「同じパフォーマンスで、勝った試合もある、同じパフォーマンスで、引き分けた試合もあった。ケヴィン・デ・ブルイネという個人の素晴らしいプレーがあったから、負けたと分析する。」

「今日は攻撃で苦しんだ。相手と同じクオリティ、特に試合に勝つために必要なパフォーマンスを示そうと努力したが、先制点が取れず苦しんでしまった。」

トゥヘルは、ゴールに繋がるような機会を作り出せなかったことを強調した。

「もっと良いタイミング、良い精度でプレーすれば、もっと多くのものを手にすることができたはずだ。単純にそういうことだ。」

「前半、相手陣内で8~9回攻守の切り替えの際にチャンスがあったが、そのうちボックス内で1回もタッチできなかった。そこが批判的なところだ。」

「チャンスを逃すことは問題ない。誰もがビッグチャンスで得点したいと思うし、もちろん上位チームとの試合ではチャンスそう多くはないだろう。効率よくプレーするためには、運と落ち着きが必要だが、もっと多くのチャンスを得ることができたはずだ。」「ボールロスが早すぎて、判断やタイミングが悪く、このようなレベルの試合で必要なレベルに達していなかった。」