トーマス・トゥヘルは、スタンフォードブリッジでチェルシーが「あまりにも多くのリスクを負った」ため、ウルブスに2点差から2-2の引き分けに持ち込むことを許したと述べた。

後半開始早々、ロメル・ルカクの2得点でブルーズが主導権を握った。しかし、トリンチャオが一点を返し、97分にはコナー・コーディが同点弾を決め、勝ち点1を分け合った。

監督は、勝利を逃したことに悔しさをにじませ、試合後のコメントでは、この結果はむしろ負けたようなものだと語った。

今日の試合が敗北のように感じられるかという質問に対して「もちろんだ」とトゥヘルは答えた。

「両ハーフとも、攻撃的な5-3-2でうまくスタートできたと思う。リスクは承知していたし、気を引き締める必要があった。前半のほとんどの時間帯で集中力を保っていたが、いくつかの場面でリスクを冒しすぎた。」

「前半の終盤のチャンスで得点できなかったのはアンラッキーだった。ハーフタイム、選手たちには、戦術に忠実でいるように念を押した。」

「後半の入り方は非常に良かった。チャンスを作り、前に出るには十分な状況だったが、2-0になったところでリスクを負いすぎてしまった。」

「カウンターアタックと決定機を相手に許してしまった。一度こうなると自信を失い、不必要な場面で何かがチャンスがあるかのように相手に思わせてしまうことになる。」

また、ハーフタイムにマルコス・アロンソとサウールを交代させた理由、セサル・アスピリクエタとリース・ジェイムズのポジションを入れ替えた理由も説明した。

「マルコスは怪我をしたわけではなく、戦術的決定だ。」とトゥヘルは説明した。

「アスピはイエローカードをもらっていて、前半はとても積極的に動いていたが、攻めすぎていた。2対2でルベンしかサブの選手がいないこともあり、それで交代した。アズピはイエローカードをもらっていた点と、後半はもう少し走って欲しかった。」

今日の試合、チェルシーの新オーナーであるトッド・ベーリーが観客席にいたが、監督はそれがピッチに影響を与えたかと問われた。

「いや、集中力を欠く理由だとは思っていない。」

「この状況が始まった時に、我々はしっかり集中できることを示した。制裁が解除されたわけではないことから、これをメリットとは考えていない。」

「考えるだけ無駄だ、自分たちには解決すべき課題がある。」

「今朝、試合の準備中にニュースを聞いたが、何の変化もなかった。まだ誰とも話していないが、先ほど言ったように、試合当日のルーティンに何も影響を与えなかった。」

「携帯をチェックしたり、ニュースをスクロールしたりしないし、やることがたくさんある、それはいつもと同じだった。私は私がすべきこと、それは試合に向けて最高の準備をすることだ。」