トーマス・トゥヘルがチェルシーの監督に就任してから14試合無敗となり、日曜日の午後に行われたFAカップ準々決勝のシェフィールド・ユナイテッド戦に2-0で勝利し、初のウェンブリー・スタジアムへの遠征を控えている。

オウンゴールと後半のハキム・ツィエクのゴールによる2−0の勝利で、1905/06年のクラブ初年度、2003/04年と2005/06年に2回記録された連続7試合の完封記録に並んだ。

しかし、この日、後半のシェフィルード・ユナイテッドの反撃を受けて、この記録は運が良かったとトゥヘルは振り返る。そこには、ブルーズが完全に試合を支配できなかった理由があった。

「(水曜日にチェルシーが勝った)アトレティコ戦の後、少し疲れていることを感じたし、精神的にも大きなエネルギーを使ったと感じた」とトゥヘルは明かした。

「試合後、大きな安心感を得て、選手変更が多く行った。さらに、今は国際試合に出る選手もいるので、整理しなければならないことがたくさんあり、不明瞭な状況も多い。そのため、昨日の試合準備のときも、今日の試合でも、100%の安心感や同じレベルで続けられるという確信が持てなかった。」

「だから、前もってチームに話して、自分たちに過剰な期待をしないようにしようと言ったんだ。試合をコントロールするために可能な限りのパフォーマンスをして、小さな瞬間に真剣に取り組もうと。」

「前半は良かったが、後半、クリスティアン・プリシッチに試合を終わらせるチャンスがあったにもかかわらず、それを逃してしまったことで、コントロールを失い、集中力を失い、勢いを失ってしまった。その後苦しみ、2つのビッグチャンスを許し、それでも完封を達成できたのは幸運だった、この内容には多くの事情がある。14試合を終えた時点で、この結果は十分だと思っている。」

メンディとエイブラハムの怪我の最新情報

監督は、エドゥアール・メンディが歯科手術を予定しているため、国際試合に参加しないことを明らかにした。また、タミー・エイブラハムにとっては、今週末に負傷したばかりの足首を回復させるチャンスでもあると話した。

「昨日の練習では、ウォーミングアップ中にわずか5分で練習をやめてしまった」とトゥヘルは語った。「それではチームに合流できる可能性はない。彼は昨日、練習中のアクシデントでちょっとした負傷をしてしまい、最初に負傷した場所とまったく同じ場所を痛めているので、今日はピッチに立てる可能性はなかった。」

「第一に、調子を上げなければならないし、良いトレーニングパフォーマンスに一歩一歩近づいて、自分のポジションのために戦っていかなければならない。」

「復帰するには、交代要員として、トレーニングで質の高いプレーをすることが必要。今は、トップ11に入ることを考える時期ではない。というのも、残念ながら彼はあまりにも多くの試合に出場できていないからです。そしてこれは彼が悪いわけではない。」

「彼は復帰に意欲的で、常に努力していますが、できるだけ早く復帰するように選手を後押しするのはリスクもある。トレーニング中のアクシデントで、彼は今日のメンバーに入っていると思っていただろうし、誰のせいでもない。今は再スタートのようなもので、この2週間で体調を整えてほしいと思っている。それが今、最も重要なことだろう。」