トーマス・トゥヘル監督は、チャンピオンズリーグ残留の夢を守るため、選手たちがマドリードで精一杯努力したことを認めながらも、最終的に準決勝進出を逃した僅かな差に悔しさをにじませた。

ブルースは、スペインに乗り込んで3-1のビハインドをで試合に挑んだ。ベルナベウでの試合は、残り15分で3-0と言うスコアで最高の展開であった。

残念ながら、レアル・マドリードはロドリゴの活躍で同点に追いつき、延長戦でも勝利を収め、トゥヘルは複雑な心境で振り返ることになった。

「非常に残念であると同時に、非常に誇りに思う」とボスは言った。

「素晴らしい試合をしました。自分たちの実力にふさわしい試合だった。4得点したし、もっと得点できる大きなチャンスもあった。我々はアンラッキーだった。選手個人のクオリティと攻撃の転換で負けた。」

「レアル・マドリードとの試合では最も重要な場面であるボール奪取の後に2つのミスがあった。このパフォーマンスなら突破に値するが、そうなるはずもなかった。このような試合では運が必要だが、それは我々の側にはなかった。

スタンフォード・ブリッジでは、彼らはあまり多くを創造しなかったが、チャンスはすべてものにした。ミスを減らさなければならないが、2レグでミスを最小限に抑えることができなかった。でも、後悔はしていない。こういう敗戦はスポーツマンとしてプライドを持って受け入れられるものだ。」

トゥヘルの戦術はレアルを序盤からピンチに陥れた。

「ブレントフォード戦や1stレグとはまったく違う形でこの試合に挑みました。最も重要なのは、戦術にどう生かすか、構造の中でどれだけ生き生きとプレーできるかという点であることを、選手に伝えてきた。今夜はそれが限界まで発揮された。」

ボールを持っているときは非常に規律正しく、ボールを持っていないときは非常に規律正しかった。勇気を示して、そこからクオリティを発揮した

「とてもうれしいです。確実に前進していると思います。この努力で、我々はが特別なチームであり、誰と対戦しても負ける気がしません。我々は個性を発揮できた。この試合を誇りに思うことができる』。

トゥヘルは、マルコス・アロンソのゴールが認められなかったことについて

「私はゴールを見ていないが、レフェリーが自分で確認しなかったことにガッカリした。このような試合では、笛を吹くラインは決まっているのだから、審判であり続けるべきで、別人にこのような判断を任せてはならないのだ。そうすれば、状況ももっとうまく説明できるはずだ。」