アブダビでの試合終了のホイッスルの直後に、トーマス・トゥヘル監督は、序盤の忍耐とその後の戦術の微調整、そして選手たちの勝利への意欲が、クラブワールドカップ決勝での勝利の鍵となったと語った。

ロメル・ルカクの先制弾の後、パルメイラスがPKを決めたことにより延長戦にもつれこんだが、試合終了3分前に獲得したPKをカイ・ハフェルツが落ち着いて決めてPK戦に至ることなく優勝を決めたブルーズ。

ハフェルツが決勝という大一番で貴重なゴールを決めたのは、これが2度目となることを監督も十分承知している。

「あのPKは簡単ではなかった」とハフェルツを称賛するトゥヘル。

カイがキッカーを引き受けてくれたことが嬉しい。彼の成長にとっては、これほど良いことはないだろう。

「パルメイラスは典型的な南米のチームで、個々の能力が非常に高かった」と試合全体を分析するトゥヘル。

「彼らは連帯感と規律があり、そして犠牲心を持っていた。守備もできるし、苦しむことにも慣れている。そのすべてが揃っているから、決定的なチャンスやハーフチャンスを作るのは難しいと思っていたし、チェルシーは我慢強く、同時に執拗に攻め続けなければならなかった。」

「決勝戦では、序盤は少し硬くなることもある。解決策を探すが、パルメイラスの最大の武器であるカウンターにとって格好のスペースを与えないようにしなければならない。だから、前半は試合のいい流れをつくるのに少し苦労した。」

「後半は布陣を変え、スペースをうまく見つけて素晴らしいゴールを決め、その後も2、3回、いいチャンスやハーフチャンスがあった。その後、完全に試合をコントロールし、より良いパフォーマンスで、より良いスペースを見つけ、より高いリズムでプレーしているように見えた瞬間、スローインからあり得ないかたちでPKを与えてしまった。」

トゥヘル監督は、その時点で振出しに戻り、それは選手にとって精神的にも肉体的にも厳しいことだったと説明した。

「だけど、我々は決して攻撃することを止めずチャレンジし続け、延長戦では再び布陣を変え、攻めて相手のカウンターを抑えることを試みた。延長戦では試合を完全にコントロールすることができたし、ベンチから途中出場したメンバーも試合に大きなインパクトを与えた。」

「もちろん、延長後半の終盤にPKを取ったことはラッキーだったけど、相手に多くのチャンスを与えず、努力を怠らず、積極的に勝ために最大限の努力をしたのだから、私たちはそれに値するプレーをしたと思う。」

トゥヘルは試合後のメディアのインタビューに応じる前に、オーナーのロマン・アブラモヴィッチと短い会話をする機会を持ったという。

「私はおめでとうと言い、彼はおめでとうと言った。そして私はこのトロフィーはあなたのためだと言った。あなたのクラブであり、あなたの考えと情熱があったからこそ実現したのであったんだと。私たちはその一部になれて幸せだ。」

今すぐ注文しよう!チャンピオンズ・オブ・ザ・ワールドシリーズの商品は、現在オンラインメガストアで販売中です!!