トーマス・トゥヘルは、2-0で勝利したフラム戦での選手たちの姿勢、応用力、パフォーマンス、そして勝利に満足しているようだ。

レアル・マドリードとのチャンピオンズリーグ準決勝2つの大きな試合に挟まれていたため、トゥヘル監督は何人かの選手を休ませ、他の選手にチャンスを与えるためメンバー変更を加えた。

メンバーを一部温存したチームが完封勝利し、さらに負傷者も出なかったことから、マドリードとの第2戦に向けて最善の準備が出来たと考えているようだ。

「その点では完璧なゲームだった」と語った。「とても嬉しいし、この試合はチーム全体が評価に値する。大きな勝利だ。これで晴れやかな気持ちで臨める。水曜の試合以外に、後悔することも考えることもない。」

また、フラム戦先発出場したカイ・ハフェルツについても、2ゴールを決め、自分が求めていた姿勢を示してくれたことを称賛している。

「彼にはまだ改善の余地があるが、今日のことはとても嬉しく思う。決定力があり、ティモと一緒にダブルストライカーとして、またメイソンとハキムと一緒に4人のオフェンシブな選手としてゲームに参加した。彼は常に相手を脅かす攻撃や状況に絡んでいた。」

「私にとって彼は、先週の火曜日に厳しい決断を迫られたが、今日ピッチに送り出すことが出来た選手たちの素晴らしい側面を示す良い例となった。カイは、「今、彼らは自分を必要としている」「マドリード戦ピッチでもっと過ごしたかった」「なぜ今、フラム戦でしかプレーできないのか」と考えながらプレーしていたわけではない。」

「彼はチャンスをつかみ、そこに現れた。常に必要なことだが、このような状況では特に重要だ。彼はチャンスをものにした。つまり、チャンスがあれば、結果はついてくる。5分でも15分でも、あるいは90分でも、準備ができていることを示し、次の試合に向けて監督を悩ませること。これが、彼がやったことであり、チーム全体がやったことの一例だ。だからこそ、今日の彼らは全面的な賞賛に値する。」

トゥヘルは、プレミアリーグでトップ4に入る可能性を高めるために重要な勝利だと感じているが、その目標を達成したと言える状態ではないと主張する。

「私たちには失うものは何もないと思っている。今はレースの最中で、まだ決着はついていないと思うが、ここ数週間で懸命に努力して得たアドバンテージを維持するため必要だった大きな勝利を手にすることができた。」

「水曜日の試合、そして次のリーグ戦に向けて、心を落ち着かせ、後悔しないように準備することが非常に重要だ。対戦相手を見ればどれだけ厳しい戦いになるか予想できるし、まだ何も保証されていない。」

「私たちはハードワークし、頭を下げて足を地につけ、チームとして一緒にベストを尽くそうとしている。」

また、監督はメイソン・マウントの印象的な部分を説明し、彼の交代は事前に計画されたもので、後半の激しい転倒で負傷したからではないことを説明した。ドワークし、頭を下げて足を地につけ、チームとして一緒にベストを尽くそうとしている。」

「彼は、精神的にも肉体的にも、そして才能の面でも、そして何よりも性格の面でも、すべてを兼ね備えている。彼は毎日、何かを学び、新しい経験をするためにコブハムに来ているような気がする。彼は回復が早く、非常にフィジカルもタフ選手であり、プレミアリーグのサッカーに完全に適応していると思う。彼はポジティブな自信に満ち溢れている。」

「だから、彼がチームにいることは喜ばしいことだし、彼の側にいて彼を指導し、サポートすることも喜ばしいことだ。印象的だったのは、彼が賞賛されても批判されても影響を受けていないように見えたこと。これはおそらく最も重要なことだ。彼はこのスポーツを愛し、このスポーツを最大限に楽しむ義務があると感じていて、すべての勝利を欲しがっているように私には見える。つまり、一流なんだ。」

「彼を下げたのは私の判断だ。医師やトレーナーが彼を外せと言ったわけではない。彼が激しく着地しているのは見たが、いずれにしても、チャンスがあれば彼を下げたいと思っていた矢先、70分頃だった。特に問題があるという新たな情報は上がっていないから、水曜日には大丈夫だろう。」