トーマス・トゥヘルは試合後、アーセナルに敗れたことについて、チームのエネルギー、球際の激しさ、集中力の欠如を指摘し、失望と苛立ちをあらわにした。

アーセナルは、ジョルジーニョとケパ・アリサバラガの連携ミスを利用して、エミール・スミス・ロウが先制点を奪い、そこから苦戦を強いられたブルーズは負けてしまった。

クリスティアン・プリシッチのゴールは無効となり、クルト・ズマとオリヴィエ・ジルーが数秒のうちに2度クロスバーを叩いた。二人のフランス人選手の苛立ちは今日のブルーズの苦戦を象徴していた。

試合後、トゥヘル監督は、週末のマンチェスター・シティ戦から7人のメンバーを変更したことは多すぎたかもしれないと認め、その責任をとった。

「今日は全員が集中力を欠いていたが、これは非常に珍しいことだ。」と始めた。「ひょっとすると、選手交代が、自分の心がすでに土曜日(FAカップ決勝)に向いているというサインになって選手に伝わってしまったのかもしれない。たとえ1パーセントであっても、そういう姿勢で今日の試合に挑むべきではなかった、なぜなら負けという罰が待っているからだ。」

「トップ4を目指す上で、我々は甘えてはいけない。結果を飲み込むのはつらいが、他に方法はない。」

失点シーンとカイ・ハフェルツがチャンスを逃したことも、監督の気に障ったようだ...

「他の誰でもない、完全に自分たちの責任だ。大きなチャンスがあったにもかかわらず、オウンゴールのような形になってしまった。決定機を逃してしまい、全体的にも動きが鈍かった。」

「相手は5-4-1でボックスの周りを深く守っていたので、パスで崩すのは簡単ではなかったが、我々は鋭さが足りず、いつものようなエネルギー、ハングリー精神、姿勢が見られなかった。」

「いつもと同じような強さとエネルギーを出すことができなかった、前の試合からの変更が多すぎたのかもしれない。チーム全員にとって、しっかり目を覚ませと言う、最後のモーニングコールなのかもしれません。」

トゥヘルは、ビリー・ギルモアがハーフタイムに退いたのは戦術的な変更であると認めた...

「メイソンを配置したのは、相手のディフェンスが深かったので、20メートルの距離からのシュートが得意なメイソンに、より危険な距離からの攻撃をさせたかったから。」

「ビリーが悪かったからではなく、もっと攻撃力のある選手を置いてみようという戦術的な変更だった。今日は中盤にエンゴロ(カンテ)とコヴァ(コヴァチッチ)がいなかったが、これは我々にとって非常に大きかった。ビリーにすべての責任を負わせるのは公平ではない。シティとの素晴らしい試合の後、彼は仕事をした。彼が問題だったわけではない。」

また、土曜日のウェンブリーで誰がゴールを守るかについても言及があった...

「ケパには、ウェンブリーの前に試合に慣れてもらおうという狙いだった。まず第一に、彼を信頼しているし、出場機会を得るに値する。それが、彼をメンバーに加えた理由だ。」

「非常に状態が良く、トレーニングでも良い動きをしているので、彼に出場時間を与えて、2試合を一緒に戦いたいと思ったが、彼にとっても不運な夜だった。」

トゥヘルは最後に、現状のトップ4争いについて語った...

「常に大きな戦いで休息はない。もし誰かがそのように感じていたら、今日が最後のレッスンになるかもしれない。またしてもチャンスを逃してしまったが、まだ私たちの手の中にある。いくつかの良い部分もある、今は負けたことに対処しなければならない。」

「スケジュールの問題ではない。3日間あって、いい流れで勝っていて、いいムードだったのに、今日は私のほうでラインナップの選択がうまくいかなかった、これは私の責任だ。もちろん不運もあったが、サッカーではこのような試合に負けることもあるし、今日は負けに必要な条件が揃ってしまった。」