リーグカップでブレントフォードに2-0で勝利しクラブ史上3度目となる準決勝進出を果たしたチェルシー。1月には決勝進出をかけてトッテナムとのホーム&アウェー戦に臨む。

ブレントフォード相手に終始苦戦したブルーズだったが、プレッシャーの中、試合時間残り10分でリース・ジェイムズがオウンゴールを誘い、さらにジョルジーニョがPKを決めた。

ハーヴェイ・ヴェイル、ジュード・スーンサップ=ベル、ザビエル・シモンズの3人が10代でデビューを果たしたこの試合、大幅に変更されたメンバーでのパフォーマンスと結果は、特に喜ばしいものだった。

試合後、トゥヘル監督は、チームの精神力、若い選手たちの台頭、そしてベンチからの交代選手の活躍について、ポジティブな言葉を残している。

「とても嬉しいよ」と語るトゥヘル。「パフォーマンスも結果も素晴らしかったし、選手たちのことを思うととても嬉しい。素晴らしいメンタリティを発揮してくれた。」

「非常に規律正しく、チームプレーに徹し、その中で個々の選手が高いパフォーマンスを発揮した。本当によくやったと思う。」

「状況やメンバーを考えれば、見事な結果だった。出場した選手の中には若手もいたし、チャロバー、サウール、バークリーのようにこれまで出場時間が短かかった選手もいたが、厳しい状況の中でステップアップしてくれた。」

先発デビューした3人のアカデミー選手と彼らに対する周りの選手のサポートに満足するトゥヘル監督

「彼らは素晴らしかったしとてもよくやった。この勝利に大いに貢献した。彼らにとってデビュー戦で、練習に参加したのは2回だけだった。嬉しい限りだね。」

「彼らは、コロナのせいでアカデミーが閉鎖されていた1週間はトレーニングをせず、2日前にトップチームに合流するように指示した。話をよく聞いてくれたし、今夜も自分達の役割を果たした。」

「残り8人のハートの強さも表れた。若い選手にとって彼らと一緒にプレーするのは楽だろうし、彼らは親切で協力的だった。」

さらに前半に貴重なセーブを連発したケパを特に賞賛

「ケパにはとても満足しているし、すごいプレーを見せてくれた。もう驚かないけど、彼は人間として、スポーツマンとしてただただ成果を出せる状態にある。」

「これは彼が毎日トレーニングに励んでいるからで、だからこそ彼は試合に出場し、このようなパフォーマンスを発揮できるんだ。今日は特に前半、彼の存在が大きかった。」

交代選手の起用により勝利をものにして満足するトゥヘル

「5人の交代枠で試合の流れを大きく変えられることはわかっていたし、出場機会が少なくてフレッシュな選手もいた。」

「それで本当に助かったし、チームに必要なことだった。5人の交代枠は大いに歓迎するよ。」

隔離から復帰した選手の現状

「自分の理解が正しければ、まず陰性検査が必要で、今日はロメル、カラム、チルウェルの3人が陰性となった。ベンはアストンヴィラ戦には参加しないが、他の2人は検査で再度陰性となれば、明日ピッチに立つことができる。」

「みんなに症状が出たので、様子を見るしかない。プレミアリーグは非常にタフだから、選手の復帰は良いニュースだが、彼らのコンディションを確認する必要があるから、興奮しすぎてはいない。」

準決勝の抽選について

「4チームとも強豪だから、厳しい抽選になることは明らかだった。トッテナムとの対戦はファンにとっては嬉しいロンドン・ダービーだけど、非常に難しい相手だ。」

「準決勝に進出するために必要なことはすべてやったし、楽しみだよ。」