トーマス・トゥヘルは、満員のスタンフォードブリッジを初めて体験し、チェルシーはクリスタル・パレスの挑戦を振り切り、プレミアリーグのシーズンを勝利でスタートさせた。

マルコス・アロンソ、クリスティアン・プリシッチ、トレヴォ・チャロバーの3人が勝利をもたらすゴールを決めたのを見届けたトゥヘルは、この日の出来事をこう振り返った。

「完璧ではないし、常に改善すべき点は見つかるものだが、今日の出来にはとても満足している。」

「特にミッドウィークに120分プレーした後、何人かの選手に体力的な限界を超えさせてしまったが、最初から最後まで非常に良いゲームだった。」

「当然の勝利であり、自らを奮い立たせたチームを祝福する。我々は懸命に取り組んだし、シーズンをスタートさせるには良い勝利だった。」

まだフィットネスレベルが100%ではない中、監督はピッチ上での選手たちの力強さに満足していた。

「私たちはかなりシャープだった、実際よりも簡単に見えたのかもしれない。スーパーカップでの厳しい戦いを経て、選手たちは再びステップアップしてくれた、これが私たちの期待するレベルだ。」

「私たちは、自分たちの基準をできるだけ高く設定し、常にそのレベルにあるように努力したいと思っている。今日はうまくいったが、これはスタートに過ぎず、これから積み上げていかなければならない。ディフェンス面でもオフェンス面でも、チームとして努力をした、今日の成果にはとても満足している。」

プレミアリーグデビュー戦でゴールを決めたチャロバーには、若きディフェンダーを称賛する言葉や、チェルシー・アカデミーのメンバーを称賛する言葉があった。

「トレボーは今日、すべての称賛を受けるだろうが、それは当然のことだ。彼はプレシーズンで多くの試合に出場し、アーセナルとトッテナム戦ではほぼ90分、ビジャレアル戦では120分、そして今日も90分出場した。」

「素晴らしいゴールを決めてくれたので、私たちは皆、とても喜んでいる。こういうことが起こるのが素晴らしい。とても楽しかったし、当然の結果だと思う。」

「彼は最終的にリース・ジェイムズやメイソン・マウントと一緒にプレーしたが、これは我々のアカデミーがいかに素晴らしいかを示している。私たちは、若い選手がチャンスを掴むのを見るのが大好きなんだ。それは、サポーターが見たいものであり、私たちがサッカーを愛する理由でもある。つまり、質の高い若い選手と強力なシニア選手の組み合わせが見たいんだ。」

トゥヘルは最後に、今シーズンのタイトルレースにおける我々のポジションについて言及した。

「去年は4位だった、簡単には行かない。3位、2位、1位との差を縮めていかなければならないし、それを目指している。」

「初日から他のチームを追いかけなければならない。これが私たちのやりたいことであり、私たちのメンタリティであり、可能な限り最高の結果を得るために戦うことをためらうことはないが、現実には私たちは今、優勝候補ではない。」

今日の3得点、そして来週にはロメル・ルカクがチームに合流するが攻撃陣をどう見ているのか