トーマス・トゥヘル監督は、ユベントスとのチャンピオンズリーグで敗れた理由として、再開後数秒で許した失点と、鋭さを欠いたパフォーマンスの二つを挙げた。

この試合、キックオフからたった10秒後にフェデリコ・キエーザが放ったシュートが決勝点となり、5日間で2度目の黒星となってしまった。試合終了のホイッスルが鳴った後、トゥヘルは試合を振り返った。

「このレベルにいると、今夜のように簡単にゴールを許すことは致命的だ。

守備を整え守る必要があったのに、失点を許してしまい、非常に悔しい。」

トゥヘル監督は、ファイナルサードでの決定的な緊張感の欠如を指摘した。

我々は多くのポゼッションを保持していたが、スタートダッシュが十分ではなかった。最初の15分くらいは、カウンターのチャンスがたくさんあったし、ピッチのもっと高い位置や危険な場所でリズムを握ることができた。今夜の試合で分析し改善する点が多く見つかった。

このレベルでは、このようなことがあってはならないのです。相手は非常に深く、非常に消極的だったので、我々は自分たちのリズムをつかみ、集中力を発揮するのに苦労した。

決断力が鈍く、鋭さに欠けていた。昨日のトレーニングではシャープな動きをしていたのに、今日は新鮮味がなくて驚きました。」と語った。

ボスは、5人の選手を交代させた理由について、「何かを証明するためではなく、違いを生み出すためだった」と語りました。

「私はただ、ベンチからインパクトを与えたかったんだ。」

「5人交代させたが、彼らを使いたかったんだ。ベンチにいた選手たちを信頼しているし、ピッチに新鮮で走れる選手を入れることによって試合に新しいエネルギーを与えたかった。」

枠内シュートがない状態が続いていることについても語った..。

「シュートを打たなければ、枠には飛んでいかない、単純にシュート数の問題なのかもしれない。今日のような深いブロックをしてくる相手のときは、シュートを打つチャンス自体は多い。」

「スペースを見つけることはできたが、シュートチャンスまでもっていくのは容易ではなかった、後半にはいくつかのチャンスがあったが決めきれなかったのが残念だ。」