トーマス・トゥヘルが、リヴァプール戦でのエンゴロ・カンテの負傷の深刻さとその理由について語り、また、前半の終わりに起こった試合の大きな転換点についても話した。

前半のロスタイムには、アンソニー・テイラー主審によるVARレビューの結果、リース・ジェイムズがハンドボールでレッドカードを提示され、リヴァプールにPKが与えられた。さらに悪いことに、モハメド・サラーが同点に追いついた後、ハーフタイムにエンゴロ・カンテが負傷退場となった。

トゥヘルは、この2つの悪条件のうち、1つ目について詳しく語り、失点と10人になったことの組み合わせが特に厳しかったと感じた語った。

「この二つ痛手はかなりハードで、ちょっと厳しいと思うが、レフェリーが手で明確にゴールを阻止したと言えば、今はそれがルールだ。自分たちの時だけでなく、テレビで見ていても、このような早い段階でのレッドカードは好きではない。誰もが残りの45分間、このような光景を見たいとは思わず、ハイレベルな試合を見たいと思うものだ。」

「状況自体は、判定を理解できるし、間違った判定だとは言わないが、レフェリーのチェックの仕方が気に入らなかった。彼は、接触を示す画像だけをチェックし、判定した。ベンチでも全体の動きを見ていたが、あれは近距離でのディフレクションであり、腰から腕に当たったもので、腕は不自然な腕の位置ではなかった。」

「これは罰せられるような行為ではないと、審判が言っているのを聞いていた。私は、もっと長い時間をかけて検討し、全体の状況を把握することを望んでいた。もしかしたら、彼は同じ判断をしていたかもしれない。グレーな状況であることに変わりはない、ある判断がその場のレフェリーの責任になることは我慢するしかない。」

また、カンテの怪我の状態についても説明し、アンフィールドで彼が大きな損失となった理由を説明した...

「彼は怪我をしていた。アーセナル戦では、足首の痛みと炎症のために欠場したが、トレーニングに復帰して今日から出場しているので、深刻なものではない。」

「ボールを奪う際に、相手が彼の足首を踏んでしまい、また捻ってしまった、アーセナル戦の前と同じような痛みがすぐに出てしまい、加速するための力が不足していたため、交代させた。」

「アンフィールドでのハーフタイムに1人少なくなって、同時にエンゴロ・カンテを外し、リヴァプールに向かってプレーすること以上に難しいチャレンジがあるだろうか?かなり難しいことだったが、私たちは素晴らしい結果を残した。私は自分たちのやり方に満足しているし、自分たちは勝ち点1点にふさわしい戦いができた。」