トーマス・トゥヘルは、チェルシーを率いての1年目を、トッテナムとの今季4勝目という最も喜ばしい結果で締めくくり、そして厳しい試合での選手たちの努力を称えた。

ハキム・ツィエクとチアゴ・シウバのゴールで、プレミアリーグ5試合ぶりの勝利を手にしたブルーズ。

勝ち点3獲得に加えクリーンシートも達成したチームに対して、トゥヘル監督は試合後、選手たちの忍耐強い姿勢を称賛した。

「タフな試合だったが、努力は際立っていたし、勝利に値するものだったので、とても満足している。」

「スパーズ相手にチャンスを作るのはとても難しいが、チームは信じ続けた。良いチームワークと素晴らしい結果だった。」

ツィエクのホームにおけるリーグ戦初ゴールは美しいミドルシュートからだったが、トゥヘルが満足したのはその得点シーンだけではない

彼はとても信頼できる選手で、右ウイングのワイドなポジションは彼のベストポジションなのかもしれない。3-4-3でウイングバックがいるときは、あのポジションは存在しないんだ。

リスクを冒すことが可能な場面ではリスクを冒す機会を与え、必要なときに非常に信頼できる存在だった。前線からのプレスやチームへへの貢献という点では、常に彼に頼ることができた。

ゴールについてさらに称賛するトゥヘル

「すぐ後ろにいたんだ。シュートの軌道がちょっと高いかな、という印象はあったけど、一瞬のうちにボールが落ちて、見事なゴールだった。」

「ビルドアップも良かったし、ハキムがあの位置でフリーでボールをもらえる動き、ゴール前のカラムの突破力、相手エリア付近でのドリブルとサイドチェンジ、アスピのオーバーラップ、そしてシュートはもちろん見事だった。」

「これまでのゴールの中で、ベストゴールの一つだった。今日はまず彼のことを称賛すべきだし、リードを奪うためにとても重要なゴールだったので、とても嬉しい。」

また、ロメル・ルカクのパフォーマンスに対してもポジティブな言葉を送った

「彼のチームへの献身的なパフォーマンスは非常に良かった。彼は絶対に信頼できるし、自分を犠牲にしてくれた。それは、チーム全体にも言えることだ。オフ・ザ・ボール時でも一生懸命やっているし、相手のエリア内に入ったときに自信がなかったり、冷静でないこともある。」

「だけど、その努力はこのチームで最低限求められるスタンダードと定義しているものなんだ。」

これからも4バックを採用するかについて

「一つの方法だね。今日、4-1-4-1を試したのは、1試合目で4-4-2を試して有利になり、2試合目で相手がそれに反応したから、選手たちに新しい解決策を与えるアプローチになるかもしれないと考えたからだ。」

「3-4-3だけよりも選択肢が増えるけど、今後どうするか今はまだ決めない。」

最後にボスは、勝利の確信を持ってブレークに臨むことの重要性を強調した...

「これでオフに入るけど、その前に勝利することが大事だった。結果やパフォーマンスが伴わなければ、勝利やその感覚に代わるものはないからね。」

「人為的に作り出すことはできないから、とにかく勝つことが必要だった。改善することや信じ続けることも必要だった。長い道のりだったからみんな今はとても疲れているけど、チームにとっては大事なことだった。」