トーマス・トゥヘルはマルメ戦の評価として、困難な状況の中、スウェーデンで望み通り勝ち点3を獲得できたと語った。

チェルシーが多くのポゼッションとチャンスを得たにもかかわらず、結果は僅差であった。唯一のゴールは、両サイドウイングのカラム・ハドソン=オドイとハキム・ツィエクの素晴らしいプレーから生まれた。

しかし、トゥヘルはこの2人の活躍を称える前に、全体としてのパフォーマンスと結果を評価した。

「チームはやるべきことを成し遂げた」

「結果が欲しかったし、必要だった。期待していたことを実現できた。」

「前半は、多くのシュートを放ち、相手陣地で多くのタッチをしていたが、得点できなかった。後半にはインテンシティのレベルを少し上げて、ゴールに迫りたかった。後半の最もプレッシャーのかかった瞬間に、正確に使うことができたし、得点するだけの創造性もあった。」

「コントロールは我々の側にあった。ボックス内で困難な状況に陥ることなく、厄介な状況を許すこともなかった。集中力を失うことはなかった。」

「接戦だったけど勝つべくして勝った。ピッチの状態が良くなかったこと、アウェーでの2試合で移動が多かったこと、負傷した選手がいたことなど、不安要素はたくさんあったが、仕事をやり遂げた。」

ハーフタイム中にツィエクとハドソン=オドイがサイドを交代した「すべてはアシスタントのアルノ(ミケルス)のおかげだ。ハーフタイムに彼がアイデアを出した。」

「ハキムが左足でボールを戻し、カラムが右足でボールを戻し、8番がスペースを埋めているときに、5バックの後ろのスペースに入ると、貴重な数秒を失ってしまうのではないかと感じていた。」

「1秒でも10分の1秒でも短縮できるかもしれないと思っていたら、ハーフポジションで突破口を開くことができた。カラムは正確に届けることができたし、いいボールが入ってきたし、満足しているよ」

スーパーカップ以来のゴールとなったハキム「常に彼のカウンタープレスにおける強度、意識の高さを頼りにしている。」

彼の仕事ぶりやカウンタープレスの強さ、意識の高さに頼っているが、彼には判断力やピッチ上でのつながりを向上させ、もっと安定させる力がある。

「ボールを持ったときに、彼はまだもっと積極的になれるし、我々のリズムにもっと溶け込むことができる」

「肩の負傷により、早期に復帰しようと努力したにもかかわらず、彼は多くの犠牲を払った。まだ100%自由ではないが、このようなゴールは一番の助けになる、彼に関しても、アシストしたカラムに関しても嬉しいよ。決定的な仕事だった。」

ロフタス=チークは不安定なスタートを切ったが、中盤でフル出場を果たし、輝きを放った。「最初の15分は、彼がもう一つのギアを上げられるかどうか心配していた。」

試合前に聞いた話では、彼は2015年以来のチャンピオンズリーグでの先発出場だったそうだが、彼が少し緊張しながらも試合に貢献できたことは評価できるだろう。

「彼が自分の道を貫いたことを評価したい。彼がゲーム中で消えなかったのはいいことだった。彼は相手を圧倒したいと常に思っている。才能がある選手で、ただ試合の一部になることを望んでいない。自分の可能性を最大限に発揮すること、それが彼にとっての鍵なんだ。今のような状態であれば、彼はチームの中で大きな役割を果たすことができるよ。」

「だからとても満足している。最初の15分以降、彼のプレーによってチームはいくつかのピンチを招いていた。彼がそれを乗り越えて、また良いパフォーマンスを見せてくれたことを嬉しく思う。」

「次のステップは、一貫性を示し、自分を追い込むこと。彼には多くの可能性があるから、限界は常に超えることができるだろう。」