トーマス・トゥヘルは、ピエール=エメリク・オーバメヤンとデニス・ザカリアの両選手が、明日夜にザグレブで行われるチャンピオンズリーグ・グループステージ開幕戦でチェルシー初出場を果たす可能性があることを明言した。

チェルシーは月曜日の午後にクロアチアへ移動したが、その日の午後、チェルシー監督は試合が行われるスタジアムで会見に臨んだ。

ディナモのスタジアムではまだ夕方のトレーニングが残っており、木曜日に契約したばかりのザカリアは労働許可がおりたので間違いなく出場できるが、昨日のトレーニングはオーバメヤンが出場するかどうかに影響を与えるだろう。

バルセロナから新加入したオーバメヤンは、移籍前に負った顎の骨折を保護するために、特別なマスクを装着する。「昨日、彼(オーバメヤン)はマスクのテストを行い、通常通りトレーニングを行ったので、今日うまくいけば、彼もデニスも準備が整うだろう」とトゥヘル監督は報告した。

「オーバはとても野心的で、とても集中しているし、チームのためにはやくプレーして自分の力を証明したいだろう。」

「そのために彼はここにいる。最初の瞬間からそう感じていたし、彼は明日、その実力を発揮するチャンスがある。」

「今日、マスクに問題が生じれば、もちろん投入しない。でも昨日も問題はなかったし、今日も問題が生じないことを願うよ。」

「もし彼が先発できる状態だとしても、90分間プレーすることはできないから、どのように出場時間を管理するか監督として判断していきたい。彼が完全なコンディションになるために少し時間を必要とするのは明らかだから、ベンチスタートか、それとも先発なのか、状況をみていきたい。」

エンゴロ・カンテは、ハムストリングの負傷で引き続き欠場となる。チアゴ・シウバはチームで唯一、負傷や体調不良などの問題がないにもかかわらずイングランドに残った選手だ。

「チアゴは、これまで非常に激しい試合すべてに出場してきたから、移動とストレスを避けるために休んでもらうことにした。だから、ベンチに置かずに休ませたかったし、移動もあるからね。彼は自分のコンディション回復に気を配ることができる。」