トーマス・トゥヘル監督は、今週はサッカーから離れて家族と充実した時間を過ごしたいと考えているが、一方でこの期間もチームの2人のメンバーの状況を見ていくと述べた。

土曜日に行われ1-1で引き分けたバーンリー戦では、カイ・ハフェルツのヘディングシュートで先制したが、トゥヘルは、ホームで優位に試合を進めていたにもかかわらず、勝ち点3を獲得できなかったことを悔やんでいるだろう。

チェルシーの選手たちは、最近負傷したクリスチャン・プリシッチやエンゴロ・カンテを含め、それぞれが自国の代表に召集される。監督は、代表に呼ばれている間、自分の選手たちの状況を全くコントロールできないことを問題視する。

トゥヘル監督は、選手たちが怪我をせず、出場時間を増やして帰ってくることを望んでおり、特にカンテやプリシッチにとってはボーナスとも言えるもので、今週直面する難しいバランスについて説明した。

「もちろん、両方だ。」

選手が代表に参加することを喜んでいるのか、心配しているのかという質問にこう答えるトゥヘル。

「選手が自分の国で活躍することは喜ばしいことだ。彼らは国を代表することを誇りに思っているし、それぞれの国を代表するトッププレーヤーだから、それが彼らにとって何を意味するかもわかっている。」

「一方で、クラブとしては特定の選手を休ませるために、代表に送らずにコブハムで一緒に仕事をしたいのも事実だ。」

「何人かの選手にとっては、何日かオフを与え、サッカーから離れてリラックスし、次の時期に向けて準備を進めるのが理想だ。」

「怪我から復帰した選手たちは大事にしたいけど、時にはこのようなこともあるし、もし彼らが代表で何分かプレーできるのであれば、悪い事ではないだろう。」

「私たちは、選手がどこに行くのか、どれくらいプレーするのかを考慮してスケジュールを計画している。これは、エンゴロやクリスチャンのような選手に当てはまることだ。」

「この数週間、彼らはほぼ毎日コンディションの回復に努めてきたけど、彼らはそれぞれの代表チームで自由に活動し、戻ってきたときにはより高いレベルに引き上げるための時間を得られることを願っています。」

「そうなることを願う一方で、彼らが怪我をしないことも願っている。バランスには気をつけている。エンゴロやクリスチャンだけでなく、すべての代表選手がそうだ。私たちにはどうすることもできないから、選手が離れる時はいつも少し怖いんだ。」

トゥヘルは、プレミアリーグのトップチームのヘッドコーチとしての厳しさから離れた生活を垣間見せ、今週はどこかに遠出するのではなく、家族と静かに過ごすと言う。

「私の計画はとても退屈なものになるだろうね」と、笑顔で話すトゥヘル。

「朝、子供たちを学校に送って、後で迎えに行く。その間に犬を連れて森の中を散歩したり、本を読んだりしてリラックスするつもりだよ。」

「ビデオはあまり見ないと思うけど、少し仕事から離れて、夜に少しテレビを見るかな。でも、主に本を読むつもりだよ。刺激的なことは何もないだろうね!」