多くのチェルシーファンが、チャンピオンズリーグ決勝戦、祝福の渦の中で、何か異変に気づいていた、そしてその秘密が今明らかに!

土曜日にポルトで行われたマンチェスター・シティ戦に1-0で勝利した後、オリヴィエ・ジルー、アントニオ・リュディガー、クルト・ズマたちは、トーマス・トゥヘル監督のシューズに向かって一直線に走っていった。監督も祝福の最中にシューズを脱いで、シャンパンを浴びせていた。

見ている人には少し奇妙に見えたかもしれないが、トゥヘルは試合後の祝福に自分の靴が大きく関わっていた理由を明かした。

「パリで同じシューズを持っていたので、チャンピオンズリーグの決勝に進出したらこの靴を履くという約束をしたんだ。」とトゥヘルは語った。

「PSGの会長からプレゼントされたもので、スタッフと決勝戦で履くことを約束したんだ。」

「当時は履かなかったから、(バイエルン・ミュンヘンに)負けてしまった。今年は必ず履くようにして、効果があったんだ!」